「おめーの席ねぇから!」で知られる(?)すえのぶけいこ先生の「ライフ」。漫喫でライフ2 ギバーテイカーの背表紙を見かけ「あ〜、そういえばスゲーハードな少女漫画あったな〜!!」くらいの認識のままこの作品を読んでエライ目に遭いました。

んもう、とにかく主人公・樹に降りかかる悪意が尋常じゃない!(エグさでタメ張れるのは秘密のチャイハロくらいなものだと思います)

妹を殺され、未成年の犯人は釈放され、自分の手で警察内部では女だと見下され、親友に「妄執」していると一方的に軽蔑され、世間には誤認逮捕のクソ刑事と叩かれ、職場では仕事を干され…。

もう人生の闇と苦痛全部乗せ!
こんな状況でも挫けずらひたすら喰らいついて戦う主人公のタフさが最高です。

読んでる間は主人公の唯一の味方・今井さん(紺田照に似てる)が癒やしでした。

この作品は表紙・裏表紙ともに奇数巻が樹、偶数巻がルオトとなっているため、紙の本を並べるとまるで「裏表紙のルオトが表紙の樹を見つめている」よう…。
…読んでる途中でこれに気がついてゾッとしました。

少女漫画らしい人々の悪意と、青年誌らしい暴力・殺人が見事に合わさった作品。全6巻なので映画1本見る感覚でぜひ読んでみてください!!

地獄みたいな復讐劇 やっぱすえのぶ先生は最高だぜ…!にコメントする
『ライフ2 ギバーテイカー』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ総合へ