以外と猿に近いのかも。「あの人」の父親についてはたくさんの方が外国人説、近親相姦説などを挙げていますが、あの目の色や模様を見ていると突然変異的なものを感じてしまいます。睦夫に脅された医師の方が見た記録では6才の時に狂い病と診断されているので、かなりレアな人種なのではないでしょうか…恵介や洋介が心配。 あと別な話で、今回の話で目についたのは小道具ですが、藍さんがぶちキレて生け贄の少年の縄を切るときに使うナイフがスパイダルコだったのが感心しました。米国のメーカーで刃の部分に丸い穴があって畳んだ状態で親指だけで刃を起こすことができるナイフです。おまけにセレーション(ノコ刃)になっていてロープを切るには持ってこいです。祭りのシーンで酒を飲む銀さんの両脇を固めている男性たちの銃がオートの散弾銃で一丁はスコープ付きですね。まだこの時代の後藤家の男たちは銃を所持している人は少ないのでしょう。ちなみにこの頃の恵介のショットガンは、おそらく銀さんからの贈り物だったのではないでしょうか?時期当主の期待から贈られたと思われ、そのショットガンを自分に向けられた銀さんの困惑ははかり知れなかったでしょうね…

以外と猿に近いのかも。「あの人」の父親についてはたくさんの方が外国人説、近親相姦説などを挙げていますが、あの目の色や模様を見ていると突然変異的なものを感じてしまいます。睦夫に脅された医師の方が見た記録では6才の時に狂い病と診断されているので、かなりレアな人種なのではないでしょうか…恵介や洋介が心配。 あと別な話で、今回の話で目についたのは小道具ですが、藍さんがぶちキレて生け贄の少年の縄を切るときに使うナイフがスパイダルコだったのが感心しました。米国のメーカーで刃の部分に丸い穴があって畳んだ状態で親指だけで刃を起こすことができるナイフです。おまけにセレーション(ノコ刃)になっていてロープを切るには持ってこいです。祭りのシーンで酒を飲む銀さんの両脇を固めている男性たちの銃がオートの散弾銃で一丁はスコープ付きですね。まだこの時代の後藤家の男たちは銃を所持している人は少ないのでしょう。ちなみにこの頃の恵介のショットガンは、おそらく銀さんからの贈り物だったのではないでしょうか?時期当主の期待から贈られたと思われ、そのショットガンを自分に向けられた銀さんの困惑ははかり知れなかったでしょうね…

@名無し

読み入っちゃいました。素晴らしい考察ですね!ガンニバルガンニバルの見方がより深まりました。

reread
また読みたい
フォロー