ギャンブルのツキを呼び寄せるのは女体盛り!

user_private
なまこデラックス

初めは、マウスという男が、妻に離婚を迫られ電車で遭遇した痴女につまらない男と罵られた恨みのようなものから違法賭博の世界に足を踏み入れ、限界ギリギリのギャンブルで勝っていく漫画だった。

それが左遷されて帰ってきた中盤あたりから、ギャンブルで負けそうになると、すかさずインドまぐろ子(二十歳の美人)が自分の体に様々な料理を盛り付けて食わせることで、マウスに勝負のツキを呼び寄せる漫画になっていく。

なので、後半になると、勝負の駆け引きよりも「今回はどんな女体盛りなのかな」っていう楽しみの方が勝っている。が、しかし、意外と人情的な話もちらほらあり、最終的なインドまぐろ子とマウスの行く末などはなかなか感動的なものもあり漫画としても面白かった。

マウスの元女房が意味わからないくらい押しが強くてなかなか忘れられない女。相当な金をもらったはずなのに一文無しになっているし、そのくせ生命力的なのは強い

コメントする
また読みたい
フォロー

このクチコミをフォローしているユーザー