華々しい「舞台」に上がれなかった男が絶望の淵から這い上がる

一番下のコメントへ

 "26歳"という年齢制限により将棋のプロ"四段"への夢を断たれた、元奨励会員の主人公。どうしても将棋への想いを捨てきれずにいた彼はアマチュアという新たな世界に出会うことで、目指すべき頂点へと再び歩み始めるのだった。

 「1話でプロへの道が断たれてしまったなんて、これからどう物語にするっていうんだ」みたいな感想も耳にしました。でも実際には、将棋以外の道、アマチュアで頂点を目指す話、ハチワンダイバーハチワンダイバーみたいな話、など無限に可能性があったわけです。藤井聡太さんはマンガの主人公みたいだとよく喩えられますが、その道のスーパーホープが並みいる敵をバッタバッタ薙ぎ倒しながら王道を往くよりも、道なき道をゆく「リボーンの棋士リボーンの棋士」の冒険感のほうが個人的にはワクワクできます。

 将棋の世界に関しては連日の藤井さんの報道や3月のライオン3月のライオン、ハチワンダイバーくらいでしか知らないド素人ですが、Tシャツにジーンズ姿で大量にフラッシュを浴びるこのカラーイラストが如何に型破りで掟破りなものであるかは分かります。でもだからこそ物語への期待が膨らむというものです。

 私はどうしても、小説や漫画に限らず映画、アニメ、音楽など、楽しみ方を狭めるような消費の仕方をしたくありません。
 例えば、これは何度も色んな人に申し上げていることなんですが
「『君の名は。君の名は。』では二人がお互いに惹かれあう描写が希薄だったから駄目だ」
一昨年よく耳にした評でしたが、必要ないから描かれなかっただけです。スペクタクル、映像美、カタルシス、極上だった点を挙げればキリがない。
「『けいおん!けいおん!』には中身がないからクソだ」なんて言う萌え豚は居ませんし
「本職のアーティストの方が上手いからキャラクターソングは無価値だ」なんていう二次元アイドルファンは居ませんし
「絵が雑だし休載ばっかり」なんてHUNTER×HUNTER カラー版ハンタヲタは百も承知なわけです。
 私は絵が雑なマンガが苦手なのでハンタは読みませんが、別に否定はしません。読まないだけです。

 話が逸れましたが「リボーンの棋士」には、藤井フィーバーに湧く我々素人には想像もつかなかったような"道"と"頂"を見せてほしいです。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー