最近の新連載将棋漫画の注目作の一つ

一番下のコメントへ

手塚治虫手塚治虫リボンの騎士リボンの騎士』をパロったタイトルのこちら『リボーンの棋士リボーンの棋士』いいですね。
少し読んだらタイトルの意味もなんとなく分かります。

年齢制限により将棋のプロ棋士になれず、将棋に一切関わらない生活を選んだ主人公だったが、ひょんなことからまた将棋を指すことになり、プレッシャープレッシャーで負けられなかったがゆえに奨励会時代に打っていたような堅実な手ではなく、将棋がただただ楽しかった頃の可能性を探るような自由な打ち方に立ち返る。
プレッシャーから解き放たれた彼の将棋は自由に、強く生まれ変わっていた。

リスタートして家庭教師ヒットマンREBORN!リボーンしたわけですね、棋士として。
いまのところ楽しそうに打っててしかも強いっていう主人公らしさ、強さの片鱗が感じられてて楽しいです。
プロになるだけが将棋じゃありませんし、将棋とは人生においていろいろな形で付き合っていくやり方があるかとは思いますが、この主人公はどうしたいのか。
プロ編入制度という狭き門をくぐるのか。
どん底、逆境スタートって、なんだか燃えますよね。
読むたびにだんだん楽しみになってきてます。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー