2017年読んだ中で一番好きだった漫画

この作者はいわゆる天才なんだと思う。

いつも年末にその年一番良かった、好きだった漫画は何かを考える。
でも結局いつもよく分からなくなりそこから数か月経って、これかもしれないなーというのがふわっと浮かび上がってくる。
それが2017年は『青野くんに触りたいから死にたい青野くんに触りたいから死にたい』だった。

天然で思い込みが激しいタイプの女の子・優里に青野くんという初めての彼氏が出来るが二週間後に事故で亡くしてしまう。
優里は絶望し死のうとすると、幽霊になった青野くんが現れ…。

という始まり方で、これは一風変わったラブストーリーラブストーリーなのかと思った。
ところが読んでみると、とんでもない、そんなところじゃ収まっていなかった。
女の子の方のタガが外れているので何をしでかすか分からないドキドキ感と、青野くん本人も自覚していない隠された秘密が少しずつ露呈していく描き方がたまらなくゾッとする。

ピンク色イチャイチャからのゾッ、これがたまらない。
黄金比だ。
そして、異常事態を許容してしまうタガが外れた女の子優里ちゃん。
ここには人間の怖ささえある。
この漫画には、論理で捉えられない人たちの逸脱した思考・行動の怖さのようなものがずっと漂っていて、頭で理解できない理解できない本能的な部分にこそ恐怖を訴えかけてくるのだ。
なんかよく分からないけど怖いってやつ。

でもこれはホラー漫画では決してない。
1人の女子高生の繊細な恋心と仲間たちの感情の機微、つまりは青春を描いた漫画なのだ。
大好きだ。
この漫画が好きな人。好きな人には是非、映画『イット・フォローズ』も観てほしいし、『イット・フォローズ』が好きな人にはこの漫画を読んでほしい。

椎名うみ先生と押見修造先生の対談がめちゃくちゃ面白い

前編→

狂気といえるほど純粋な恋を描く、『青野くんに触りたいから死にたい青野くんに触りたいから死にたい』。待望の第5巻発売を記念して作者の椎名うみ先生と、『ハピネスハピネス』の押見修造先生との対談が実現!


後編→

『青野くんに触りたいから死にたい』の椎名うみ先生と、『ハピネス』『血の轍血の轍』の押見修造先生との特別対談!後編では、押見先生が実体験した幽霊のお話から、おふたりの実制作スタイルまで、よりディープなお話をお届けしますお届けします

コメントする
また読みたい
フォロー

このクチコミをフォローしているユーザー