終盤の迷走も含めて好き

一番下のコメントへ

昔は週刊少年ジャンプジャンプスーパーコミックスの全3巻で発売していたが、復刊などもされていないため、プレミアがついて手が出しにくかったが今回電子書籍になったので読んでみた。

巨人の星巨人の星」「男の条件男の条件」のコンビが書く人間愛が根底にある漫画

第1話からベトナム戦争の悲惨さをこれでもかというくらい描写から始まって最初からヘビーな内容
三人を中心に物語は進む

主人公の白鳥純也
報道カメラマンの父・湖彦をベトナム戦争中、アメリカ兵の銃撃で殺され、アメリカ人への恨みを持つ、空手部の高校生

主人公のライバル ロバート・ジョナサンジョナサン
全米ハイスクール空手週刊少年チャンピオンチャンピオン
父親がベトナム戦争でとある村の住人を虐殺した時に、村人を守るために立ちはだかった白鳥純也の父親 湖彦も含めて殺している。

ヒロイン ラーナ
ロバート・ジョナサンの父親が虐殺を行った村の生き残り生き残り。白鳥純也の父親 湖彦がかばったおかげで助かった。

物語はだいたい3部構成で、空手部編、ふるさとふるさと学園編、キックボクサーボクサー編に別れる。終盤の迷走を綺麗に閉じる梶原一騎梶原一騎/川崎のぼる川崎のぼるはすごい。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー