池井戸潤作品のコミカライズ、大手自動車メーカーのリコール隠しが描かれる

一番下のコメントへ

気になって読んでみたけど面白かった!拓郎が良い子すぎて涙出る

登場人物のほとんどが美男美女過ぎるのがちょっと気になったけど、まぁBE・LOVEBE・LOVEだし(笑)この手の話ってだいたい重たい話でほとんどおっさんおばさんだらけでちょっと抵抗感あることもある。話は面白いのにキャラクター造形で遠慮しちゃう勢に読んでもらうのに丁度いいのかもしれないね。

遅ればせながらBE・LOVEBE・LOVE 3月15日号を読んだ。

銀行からは融資の返済を急に迫られる。従業員は辞めていく。被害者家族からは告訴される。まさに踏んだり蹴ったり。この先でいずれ好転していくんだろうなとは思う。その過程で何があるのか楽しみ。今回の週刊誌では何が載ってるのかな。

原作小説を読んでみたいけども、漫画の結末を知ってから読んでみたい。

権力者の圧力に抗うことができず、週刊誌のスクープ見送り。それでもどーにかこーにかホープ自動車の事故リストを手に入れ、限界と絶望ギリギリはじめの一歩一歩手前で踏ん張って、ようやく掴んだ構造上の欠陥という事実……次号クライマックスとあるように、ようやく反撃かな。

買ってあったBE・LOVEBE・LOVEで読み直してみた。通してみるとわりとコンパクトにまとまってるね。でも良いところをギュッと詰めている感じ。もうちょっとボリュームがほしい気もするけど、これはこれで読みやすくていいね。単行本は上下巻でおさまるみたいだし。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー