03/11(木)まで
読める!
icon_reread
また読みたい
フォロー
半沢直樹(1)
2013年のテレビドラマ化で社会現象にもなった池井戸潤氏の小説『半沢直樹』が、ついに週刊漫画雑誌モーニングで、本格コミカライズされます!作画を、三田紀房氏(モーニングにて『ドラゴン桜2』を連載中)絶賛の新人、フジモトシゲキ氏、構成をネームの切れ味に定評のある津覇圭一氏が担当し、小説とも漫画とも一味違う、半沢直樹をお届けします!!。半沢を大好きな人から、知らない人までお楽しみいただけること間違いなしです!
半沢直樹(2)
2013年のテレビドラマ化で社会現象にもなった池井戸潤氏の小説『半沢直樹』が、ついに週刊漫画雑誌モーニングで、本格コミカライズされます!作画を、三田紀房氏(モーニングにて『ドラゴン桜2』を連載中)絶賛の新人、フジモトシゲキ氏、構成をネームの切れ味に定評のある津覇圭一氏が担当し、小説とも漫画とも一味違う、半沢直樹をお届けします!!。半沢を大好きな人から、知らない人までお楽しみいただけること間違いなしです!
半沢直樹(3)
融資失敗の責任をなすりつけられた半沢直樹。5億円回収のため奔走する中、半沢を苦しめてきた西大阪スチール元社長・東田と東京中央銀行大阪西支店長・浅野が手を組んでいたことが明らかに。全てが仕組まれたものだったと知った半沢は、二人を追い詰めるため反撃の手を打つ。しかし、浅野が裏で進めていた半沢の出向が決定し――?
半沢直樹(4)
5億円の回収を成功させ、大阪西支店から精鋭ぞろいの営業本部へ栄転した半沢直樹。そこで120億円の損失を出した伊勢島ホテルの再建を命じられた半沢は、金融庁に復帰した黒崎の検査に備えながら、赤字ホテルへ融資を続けた銀行への疑念を持ち始める。そして子会社に出向した同期・近藤にも難題が立ちはだかる。欲望うごめくメガバンクで、派閥争いに巻き込まれながら、正義の男・半沢は敢然と立ち向かう!