投稿
146
コメント
154
わかる
1972
ANAGUMA
ANAGUMA
2021/01/15
天竺を救った外交官、王玄策という男のロマン
中国史に詳しい方なら王玄策という人物をご存知なのでしょうか。 一行でまとめるなら彼は「出先のインドで投獄されたから脱獄して内戦に介入し、解決に導いた一介の外交官」といえます。「そんなマンガみたいなやつがマジでいたのか?」と思って読むわけですが、どうやら居たようです。完全に居た。『天竺熱風録』を読めば分かる。 より興味を持っていただくためにもう少し王玄策のことを紹介しましょう。 7世紀・唐の時代、玄奘三蔵法師とほぼ同時代の人物だといったらわかりやすいはず。王玄策も三蔵法師と同じく、天竺(インド)の地を踏んだ人物です。もっとも彼は僧侶ではなく修好使節団のリーダー、すなわち外交官でした。 本作で描かれるのは王玄策の二度目の天竺行で、これがなんとも波乱に満ちた旅となります。 やっと辿り着いたインドは交流のあったハルシャ王が死去しており、得体のしれない集団が王権を握っている状態。玄策は簒奪王アルジュナに仲間を殺されたうえ、使節団まるごと投獄されてしまいます。 極限状況で彼が導き出したプランは、 ①脱獄して隣国ネパールに向かう ②ネパール王に助力嘆願して兵力を借りる ③友軍とともに天竺の首都カナウジに舞い戻る ④アルジュナをボコる ⑤仲間を救う。HAPPY!! という大胆不敵なものでした。詳しく書くほどに「マンガか?」となるわけですがどうやら歴史上の人物らしい。 彼がどう決断し、次に何を見せてくれるのか「一体どうしてこんなことが出来ちゃったんだ?」と結果がわかっていても常にワクワクドキドキです。伊藤勢先生が「外交山師」と評するとおり、武力に頼るのは必要最小限、血を流さず知恵によって状況を打開しようとするスタンスも魅力的なんですよね。 そして賢い彼を取り巻くキャラクターも全員キレ者揃いでとにかく話が早い。頭のいいキャラクター同士が会話しているときの気持ちよさがずっと続きます。 特にネパール軍のラトナ将軍が超イカす!気がつけば彼女の麾下の兵士と声を揃えて将軍を全力で推していることでしょう。 当時の軍事状況や地政学的な知識に裏付けされた描写も圧巻で「7世紀のインドってこんな雰囲気だったんだろうな」という説得力が半端じゃありません。インドを旅したこともあるという伊藤先生のあとがきは本編を読み解くうえで最高のコラムです。 一方でマンガ的なケレン味もバッチリ備わっていて、具体的には怒りのデスロードを爆走しているかのような象戦車とかが出てきます。歴史の知識がしっかりあるから遊び心も映えるんだなぁ。 「原作を読んだときにぱっと絵が浮かんだ」と語られるラストカット、これがまた最高にシビれるのでぜひ最後まで読んでいただきたい次第…インドの風を感じながら、ロマンあふれる男の生き様をド級のエンターテインメントとともに味わえる快作です。
ANAGUMA
ANAGUMA
2021/01/14
ネタバレ
何が負けヒロインだ!勝てるよお前なら!! #1巻応援
また現れたってわけです、因果律がバグっているタイプのキャラクターが。あらゆる能力を兼ね備えているのになぜだか気の毒な目にばかり遭って1ミリも恋が報われない。そんな「負けヒロイン」の概念を体現するのが不憫可愛い主人公・姫ヶ崎櫻子ちゃんです。 どれくらい不憫かと言うと意中の夏樹くんが高校進学した途端に超美人の転校生と同棲を始める程度には不憫。運命に負けている。 comicwalkerの画像の「負けヒロインだって恋がしたい!」が哀愁を誘いますね。なんて悲愴なコピーだよ。 https://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_MF06201721010000_68/ でも実は夏樹くんも櫻子さんのことが好きなので安心してください。本当にありがとう。 ヒロインから主人公への告白が話の都合でキャンセルされるのはラブコメでよく見かけますが櫻子さんの場合は逆。実は夏樹くんから何度も告られているのに彼女が聞き取れなかったり邪魔が入ったり、絶対に伝わることがないのです。 このすれ違いを積み重ねた結果、夏樹くんは本当は好きなのに「どうせあかんやろ」と常に平熱状態で過ごしているため、櫻子さんが一層やきもきすることになる負のスパイラル。負けるための因果が彼女を縛っている。この運命から逃れられる日が来るのか見守っていきたいですね。勝ってくれ〜〜〜。 最後に1巻で特に面白かったエピソードをお伝えしますと、姫ヶ崎さんが壁の穴にハマって抜け出せなくなる壁尻回です。本当にあるんだ信じて読んでくれ!
ANAGUMA
ANAGUMA
2021/01/07
重厚な設定の本格バディファンタジー #1巻応援
「未知の相手と戦うために激強パートナーの手を借りる」シチュエーションや「世界に存在する神秘とそれを管理する組織」モノがお好きな方は手に取っちゃってOKだと思います。 幼少期から化け物に襲われる体質の主人公・菊池ハルはひょんなことから聖獣・トリスタン(めちゃくちゃ強いイケメンの鳥)と契約を結び、自身に秘められた力と運命に向き合うことになるのだった!という鉄板のプロローグ。信頼しかないですね。 登場人物は相棒のトリスタン卿を始めみな一癖も二癖もある強キャラオーラを纏った連中ばかり。しかもみんな情報を意味深に小出しにしてきて説明しきらないといういやらしさが素敵…。ファンタジーとしての純粋な出力の高さのほかに、ハルくんをめぐって権謀術数が繰り広げられるのが本作のストロングポイントでしょう。 そんな状況に放り込まれているのに常に前向きなハルくんも非常に魅力的です。キモが据わりまくっている主人公大好き! 1巻のラストでは彼に対してある過酷なルールが示されるのですが、そこからも「濃い物語をやるんだ」という覚悟を感じて震えました。 まだまだ謎だらけで広がりを感じる世界観のなかで、腹の底の見えないキャラクターたちが美麗に躍動するのがマジで楽しみです。
ANAGUMA
ANAGUMA
2020/12/24
見てこの美しさを…
前後編構成の短編が3本ずつと中編「メイちゃんとアキちゃん」シリーズ、最後に短編が1本収録されたオムニバス百合短編集。 キーカラーが各章ごとに一色配されたシンプルかつ美麗なアートワークがまず最高!引き込まれるようなスマートで繊細な表現が絵にも物語にも敷き詰められています。 そしてとにかく読みやすいです。各話のページ数も短くスッキリしている分、研ぎ澄まされた感情が無駄なくお届けされてくるのがありがたいですね。 話数の切れ目で視点人物の切替やキャラクターの関係性が変化したのがすごく分かりやすくて「前はああだったのに今はこう!!おあー!!」と鳴き声を上げやすい仕様になってます。 中編の「メイちゃんとアキちゃん」シリーズがやはり読み応えがありますが私のお気に入りは写真部の女の子・渚とギャル・鈴子の交流を描いた「ラブレター」。自分の写真は人に見せるようなものじゃないと自信なさげな渚を陽気な鈴子が励まします。 ここまではいい。ここまでは。 問題は渚の写真にはいつも鈴子が写っているんですよね〜!!しかも全部サイコーにカワイイ姿で!!あとは察してくれ〜〜〜!!!(放り投げ)
ANAGUMA
ANAGUMA
2020/12/23
ネタバレ
別花の遊戯王『カードの王様』を語る
camera
人気TCG「カオス」に存在する激レアカード「大魔道士サガン」を偶然手に入れたことで周囲から狙われ始めた水見まなみ。 初心者がルールを学びながらライバルたちと競い合うというカードゲームモノの王道ストーリーを少女マンガでやっていく意欲作…ということなのでしょうが肝心要のゲームのクセがすさまじく強いです。 カオスの基本ルールは ・山札からカードを引きプレイヤー間で攻撃と防御を交互に繰り返す ・ポーカーのようにカードを揃え完成した「役」の点数を競い、持ち点を削り合う とかなりシンプル。要は相手の攻撃手をかわしながら強い役を生み出すカードを手札に揃えるのが目的のゲームです。 なのですが、この「役」の作り方がすごい。 このカオス、カードの種類が多すぎるのかどうもプレイヤーが把握できない役が存在しているらしく、そういう役が「できたっぽい」となったときは相手に対して役が成立してそうな理由を「申告」していくのです。他にもカードの組み合わせによって相手の攻撃をジャミングしたり自身のカードパワーを上げる際もその裏付けを「申告」するシーンがみられます。 この「申告フェイズ」こそカオスの最大の特徴であり醍醐味です。ノリが砦を守る翼竜に勢いで回避確率を付与してた初期遊戯王ぽくて本当に好き。 ちなみに『カードの王様』では高難度の役や複雑な攻防が発生した際は必ず審判が「アリかナシか」を判定するので実は遊戯王より公平かもしれませんね。 序盤から「ルールにない事態が起こったときはカードの表示に従います」「人を納得させられれば勝ちってカンジかな」など迫力のパワーワードが繰り出され、カードゲーマーほど面食らうかもしれません。けどめちゃめちゃ面白いです。 悪く言えば「言ったもん勝ち」のゲームの何が楽しいんじゃと思うかもですが、申告フェイズに至るまでの心理描写、伏線となるキーカードの提示、キャラクターのプレイスタイルがしっかり描かれているので意外なほど自然に盛り上がって読めてしまう。やっぱりカードゲームって勢いが大事なんですね。 カードゲームモノのストーリーラインに少女マンガらしい恋愛模様が絡んでくるのも新鮮で、とりわけ主人公のまなみちゃんがクズカードなんて無い・好きなカードで戦う・カードとの絆を信じるなど不動遊星もかくやと言う主人公ヂカラを見せつけてくれるのです。 カードゲームマンガで一番強いの、一番カードを楽しんでるひとだから……。 最後に私が最も共感できた“サラマンダー”立花剛のセリフを貼っておきます。カードゲーマーの人にも自信を持っておすすめできる理由がこれです。全部正しい。
ANAGUMA
ANAGUMA
2020/12/17
超絶筆致の平安陰陽ファンタジー #1巻応援
これはすごい…。あやしくもきらびやかな平安の空気感を醸す精緻な設定に、一癖も二癖もあるキャラクターたちの洒脱な掛け合い。そして読後に全コマもう一度見返したくなるようなエネルギーに満ちた画面! 自分は夢枕獏作品にも平安時代にもとんと疎いのですが、本作に触れ「こんなにも心躍る世界があったとは!」とさっそく沼にハマりそうです。 近頃とある英霊バトルゲームなんかでも平安時代がフォーカスされたりして、本作に出てくるような登場人物の名前も見かける機会が増えてきた次第。 スカした態度の安倍晴明に存在そのものがヤバそうな蘆屋道満(でもめちゃめちゃカッコイイ)、そして最強の格が溢れんばかりの俵藤太!! 名だたるスーパースターたちが本作でも危険な魅力を爆発させていて、歴史をふんわりとしか知らない自分も心を鷲掴みにされてしまいました。 安倍晴明と源博雅がさまざまな怪事件の調査に乗り出すまでが1巻で、本格始動はこれからというのにも関わらず読み応えがすごいです。ゴリゴリの陰陽バトルが始まってしまったら一体どうなってしまうんだ…。もう続きが楽しみでしょうがないです。
ANAGUMA
ANAGUMA
2020/12/16
女子高生が変身して鉄球を振り回す!!!
主人公の女子高生・柚子は髪が光って超人的なパワーを発揮する「ペパーミント」の能力の持ち主。その糧となるのは両親の仇であるMMD団への復讐心! 落ちぶれたパンクロッカー・ハッサクや双子の連続殺人犯ナツミカンミ、正義執行のためなら何でもアリの俺サイコー裁判官ポンカン、AIを搭載したヘリコプターなど個性的すぎるメンバーとともに、崩壊した世界で血塗られた復讐戦争に乗り出すのだった!! まずキャラデザが本当に神。みんなカッコイイしカワイイ。 キャラ以外にも花札のモチーフやミステリーサークルのアイデアなど、見ていてビビッと来るデザイン、ギミックが次々出てきてシビレます。なんといっても主人公の武器が工事用の鉄球ですからね。ちなみにチェンソーで戦ったりもします。 ブッ飛んだキャラクターの魅力とバトルの気持ちよさを両輪にしてパワープレー気味に話が進んでいくのですが、佐藤大作品だけあって終盤は結構エウレカセブンぽいというか、セカイ系的な雰囲気がビシバシ感じられて自分は大好きでした。 軽いノリで人が死にまくったり、設定のボヤかし方(説明しきらないのがクールという思想)とかのポイントで好みは分かれると思いますが「カッコよく盛り上がってたらこまけぇこたぁいいんだよ!感じろ!!」というスタンスのひとには読んでほしい作品です。 ヒロインであるところのヘリの吉田くんのかわいさも目に焼き付けてくれ!
ANAGUMA
ANAGUMA
2020/12/04
小説を書くためにヒロインとの出会いを待ち続ける男
小説家志望の江波くんは理想の処女作を書き上げるため、実生活で運命のヒロインと出会いを待ち続けているという思い込み激しい系の陰キャ大学生です。 しょっちゅうカワイイ女の子との遭遇イベントを発生させてるのですが、なんだかんだ理由をつけて「ドラマチックじゃない!不採用!」とすべてのフラグを叩き折り、自らの殻に篭もろうとするありさま。読んでる側としては「十分ドラマチックだから!」とキレそうになること間違いなし。えっ…選り好むな…! 情けない態度ではありますが実のところ「これくらいのドラマではいい小説を書けないかもしれない」という執筆へのプレッシャーからきているものなのです。単純なロマンチストというわけではなく、江波くんの場合は女性との距離と創作への怯えが密接に結びついていて、これが面白いところですね。 そんな彼のイカれた生態に目をつけたのが同級生の清澄さんで、この女もヤバい。江波くんの自我が苦しむさまを見ることに快楽を覚える愉悦系ヒロインで、彼の周囲をかき乱し続けます。江波くんVS清澄さんの自我バトルが衝撃の形で決着する最終回、見届けてほしい。 江波くんの生き様を通じ、創作と自意識が孕む闇が炸裂しながらも面白かわいく描かれています。身に積まされながら楽しく読めました。江波くんのデビュー作読んでみたいですね。