お知らせ
現在、検索候補表示・絞り込み検索・無料マンガ画面にて障害が発生しています。ご迷惑をおかけしますが今しばらくお待ちください。【更新: 1/26(水)21:30】自由広場の検索が復旧しました。全面復旧は1/28(金)を予定しています。

ゲームボーイアドバンスが発売されたのは今からちょうど20年前の2001年、『ロックマンエグゼ』はそのローンチタイトルに名を連ねていました。
世界中のあらゆる電子機器や情報が電脳空間で結ばれた時代、人々はPETと呼ばれるケータイ端末にインストールされた相棒「ネットナビ」とともに日々を過ごしていた…というのが本作の設定。

5年前の15周年記念の時に復刊されたものの電書化ということで久しぶりに読み直しましたが、20年前に描かれた世界は全く色褪せないどころかほぼ「現代(イマ)」じゃんというレベルの先進さに満ちていたことを改めて感じた次第です。思い出話したくてクチコミ立てたのでなんでも書いていってください〜!

久しぶりに読んで思ったのはやっぱり絵が最高にカッコイイこと…。このサイバーな表現、自分が好きなものの原点のひとつな気がします。
あと当時は全然気づかなかったんですけど1巻の↓のページとかかなりエヴァンゲリオンで面白かったです。こういうのが子ども向けの作品に混じってても違和感ないカッコよさ…。

散々言われてることだけどAmazonとかGoogleで障害が起きて色々なサービスが止まる…みたいなのはかなりエグゼっぽい現実世界になったと思う。キッチンにウイルスが侵入して大火災とかは流石にまだないと思うけどそう遠くない気がするな

いい記事出てました!

2001年3月21日。その日、任天堂から最新の携帯ゲーム機 『ゲームボーイアドバンス』 (以下、GBA)が発売された。本体と同時に発売されたゲームソフトの本数は実に 20本以上。2021年現在から見ても 歴代最多 で、人気タイトルの新作からリメイク、完全新作に至るまで、幅広いラインナップが提供...

鷹岬先生の新作が読めるの本当に嬉しい…「フォルテ再会の刻」…

やっぱりエグゼは面白い!!にコメントする
『新装版 ロックマンエグゼ』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ一覧をみる

このクチコミも読まれています

また読みたい
フォロー