創太郎の出張ぼっちめし 3巻(完)
吉田創太郎は、出版社の営業として全国を出張で巡り各地のランチを堪能している。なかなかいい人との縁がない彼は、充実した独身人生を過ごすため、様々な趣味にトライするのだけれどなかなか身につかず。同僚の白石さんからダメ出しをされながら、お土産を買うスキルだけは上がっていって…果たして幸せは訪れるのだろうか…ついに完結の3巻!
パラダイス監獄~つぐみのお仕事~(1)
見た目は普通の刑務所だが、入獄した者たちは、皆、口を揃えてこう話す「パラダイス刑務所」と…。Hな刑務官といけない懲罰、男の楽園はここに!「警視総監アサミ」の有賀照人が、艶やかな筆致で描くプリズン・エクスタシー開幕ッ!! 宜しくお願いします。
ネコドモ(完)
都心から南方面の電車に一時間ほど乗ると、猫たちの住む「猫ヶ原」へ到着します。キジトラ白の男の子・太郎くんとシングルマザーの裕子さんは、この街でふたり暮らし。楽しいことも哀しいことも、いつもふたりで乗り越えています。キュートな母子に心あったまる猫マンガ、開幕です♪
未中年~四十路から先、思い描いたことがなかったもので。~(完)
片山亜弥40歳。編プロに勤める彼女は、結婚し家も仕事もあり、傍から見れば順調そうに見える生活だった。だが彼女が感じている焦燥感は――恋や結婚だけではなく、アラフォー女性たちが現実に抱えている悩みや心の叫びを、諦めきれない女子のカリスマジェーン・スーが描く意欲作!!
13月のゆうれい(2)
――恋人は、双子の弟(の女装姿)に恋した男。「可愛い」嫌いな女子・ネリと、「可愛い」服を着こなす女装男子・キリは双子の姉弟。ネリはキリの同居人・周防(すおう)と付き合うことになるが、彼は高校の頃からずっと、女装したキリへの恋心に囚われていた。自分はキリの代わりに選ばれたのではないかと、ネリの心中は複雑で…。「周防君は私の見た目を好きになったのかな」女と男と女装男子、三者三様、恋と自意識。この恋は、得体の知れない『理想の女の子』と戦いなのか? 巻末に描き下ろしエピソード、作者あとがきも収録した、13月のゆうれい最終巻!