ヘルズキッチン

ヘルズキッチン

私がお前を美味くする――!!包丁も握った事のない中学生・守屋悟(もりや・さとる)の前に突然現れた地獄の料理人・ドグマ。その目的は、地獄で最も美味とされる「本物の料理人の魂」を手に入れる事。食べられるために「本物の料理人」を目指す事になった悟の運命は――!?地獄発!憑かれて料理(つく)る、異端のグルメコミック!料理漫画なのに、スポーツ漫画を読んでいるような快感です!!
ほんとにあった! 霊媒先生

ほんとにあった! 霊媒先生

新しい担任は、霊媒師でした。クラスにやってきた新しい担任・木林呪理。趣味・特技は降霊。得意分野はモンスターペアレンツ!愛する生徒のため、怨霊を、悪魔を、妖怪を異界から召喚する彼女のせいでクラスは大混乱!妖怪だけでなく、かわいい黒猫も、もふもふっと登場する学園オカルト4コマ!
軍師×彼女

軍師×彼女

史上初、女子高生軍師による学園×三国志コメディ!羽織に冠、羽団扇、ごく普通の少年・徳武操司(とくたけ・そうじ)の隣の席は、軍師に憧れるイタい少女・郭河奉子(かくかわ・ほうこ)。「君子危うきに近寄らず」のつもりが、操司は奉子から一方的に主君認定されてしまう。「二人で天下を獲ろう!」と大騒ぎの奉子だけど、そもそも高校生の「天下」って一体……!?ノープランで始まった主従関係は、三国志の英傑の名を持つ少女達の登場で、その勢力をどんどん拡大!軍師な彼女と過ごす、群雄割拠の学園生活をとくとご覧あれ!
ブレイザードライブ

ブレイザードライブ

貼ってなぞると様々な力を発揮する不思議なステッカー「ミスティッカー」によってエネルギーがまかなわれる近未来のトウキョウ。少年・ダイチは、身体に直接ミスティッカーを貼ることで、ステッカーに秘められた力を解放し戦う「ブレイザー」たちの争いに、ある日突然巻き込まれる。戦いの中消えた兄から受け継いだ雷のミスティッカー「神立」を手に、ダイチは自らもブレイザーとして戦い始める!衝撃のステッカーバトル開幕!!
user_private
名無し
2019/10/05
ローストビーフ丼のような柔道漫画
camera周囲からは札付きの不良として疎まれている青葉マサムネ。 根は純真なのだが自分を持て余して 喧嘩ばかりしているマサムネが 色々とあって投げ飛ばされて好意を抱いた相手は フランス柔道王者で最近転校して来たハーフの女の子。 マサムネは彼女と親しくなろうと柔道部へ入部。 しかし恋敵?が現れて・・ 「ぶろおど!」を読み終えて この漫画はローストビーフ丼みたいだな、と思った。 しばらく前から流行っている「ローストビーフ丼」。 自分としては牛丼をオシャレで高級にしたようなもの、 と考えている。 牛丼は普通に美味い、値段を考えればかなりお値打ち。 でもいまどき「安くて美味しい牛丼」では 客の興味を特に引けない。 なら「ローストビーフ丼」にしてみたらどうだろう? ちゃんと米や牛肉は良いものを選んで、 和風にちょっと洋風テイストを加え、 丼料理をあえて高級洋食風に調理すれば 牛丼より付加価値のついた新感覚で、 結構良いものが出来上がるかも、 ・・みたいに考えて作られたのがローストビーフ丼であり、 ぶろおど!という漫画なのかな、と思った。 ギャグ展開も多いし、本格柔道漫画とは言いがたい。 どちらかというとコイバナ的な展開の青春柔道漫画。 全二巻の短い作品だからか柔道の公式試合すら一度も描かれない。 だが、試合風景こそないが、柔道の基礎練習、 基本動作、技の原理などに費やすページが 比較的に多くなっているせいか、 柔道シーンの扱いが軽いという印象は受けない。 なので柔道漫画としては他の作品と比べると、 面白さで上位とは言えないが、 独特の味は持っているし、 こういう柔道漫画もいいかもな、とは思った。 ただし、ヒロインがフランスと日本のハーフだとか、 フランス王者だったという設定は、あまり重要性を感じなかった。 強くて綺麗な大和撫子では話題として弱いかもしれないが、 フランス人で無ければ駄目だった、という盛り上がりは あまり感じなかった。 そのあたりに、 普通の牛丼に調理してもソコソコ美味しい丼になっただろうに、 わざわざローストビーフ丼に仕上げて良かったのかなあ? という感想が沸いた。
MAGiCO

MAGiCO

ブラジル帰りのサッカー少年・伊達蔵希(だて・くらき)は、世界を魅了するサッカー選手になるのが夢!監督の意のままのプレイを求める強豪ユースチームを飛び出し、弱小の撫子(なでしこ)高校サッカー部に入部!“魔法(マジコ)”と呼ばれるスーパープレイで勝利へと導く!個性的なキャラクターと友情、情熱があふれる王道少年サッカー漫画の新機軸!!
弟キャッチャー俺ピッチャーで!

弟キャッチャー俺ピッチャーで!

一緒に甲子園に行こう――。幼い頃、兄弟で誓った約束だったが、家庭の事情では離れ離れに…。数年後、ふたりは再会を果たすが、兄はお調子者のピッチャーに、弟はグレて野球をやめていた…。弟に再び野球をやらせようとする兄だったが…。凸凹バッテリーが繰り広げる、熱血!格闘!?王道野球コミック、ここに開幕!
アポカリプスの砦

アポカリプスの砦

ゾンビvs.不良!!!!!監獄を舞台に災厄が最悪を食む!!――関東中の不良が集まる更生施設・松嵐(しょうらん)学園に、無実の罪で収監された前田義明(まえだ・よしあき)。暴力渦巻く日々に、義明は絶望感を募らせていく。そんな中、監内に突如現れたのは死してなお歩き、人を喰らうゾンビだった……!悪夢のような世界で、不良達のサバイバルが始まる!!戦慄のパニック・ホラー!!!
エンマ

エンマ

あらゆる時代のあらゆる場所に、善きも悪しきも老いも若きも、尽きせぬ人間の業を裁くため、少女エンマは冥界より現れる!幼き姫をないがしろにする隣国を許せぬ大名、死んだ娘を生き返らせるために若い娘の内臓を集める母親。いかなる理由があろうとも、人殺しという罪を負った人間は、エンマの手から逃れることはできない。たとえその裁きが大きな悲しみをこの世に残すことになるとしても…。少年誌の常識を覆す超時代ドラマ!
サイコろまんちか

サイコろまんちか

最高にくだらなくて、ためになる心理学×学園コメディ開幕!ボサボサ頭、対人スキルゼロ…校内一の変人女・伊東の唯一のとりえ、それは心理学!その叡智を世界に知らしめるため、そして溺愛する幼なじみのイケメン・阿部を手に入れるため伊東は心理学研究部を設立する。恋愛、勉強、友人関係…校内の生徒から持ち込まれる青春の悩みにマッド・サイコロジスト伊東が挑む!つい誰かに話したくなる、心理学ネタが満載!
なぜ東堂院聖也16歳は彼女が出来ないのか?

なぜ東堂院聖也16歳は彼女が出来ないのか?

学業優秀、運動万能、眉目秀麗にして大金持ちの子息――しかし、どうしても彼女が出来ない男・東堂院聖也(とうどういん・せいや)。「……なぜ?なぜ彼女が出来ないのか?」問うほどに遠ざかり、求めるほどに零れ落ちる!全人類共感、ひとりぼっちの恋愛戦争勃発!!この物語は、高校で彼女を作ると決心した男の戦いと空回りの記録である……!!!
ぶろおど!

ぶろおど!

ケンカに明け暮れる札付きの不良・青葉マサムネが、一目惚れした転校生の美女・関崎アイ……その正体はなんと、柔道王国フランスの女子柔道王者だった!! 彼女の気を引くために柔道部の門をたたくマサムネだったが…!? 恋愛×柔道物語、開幕!!!
icon_book
試し読み

人気クチコミ

user_private
名無し
2019/10/05
ローストビーフ丼のような柔道漫画
camera周囲からは札付きの不良として疎まれている青葉マサムネ。 根は純真なのだが自分を持て余して 喧嘩ばかりしているマサムネが 色々とあって投げ飛ばされて好意を抱いた相手は フランス柔道王者で最近転校して来たハーフの女の子。 マサムネは彼女と親しくなろうと柔道部へ入部。 しかし恋敵?が現れて・・ 「ぶろおど!」を読み終えて この漫画はローストビーフ丼みたいだな、と思った。 しばらく前から流行っている「ローストビーフ丼」。 自分としては牛丼をオシャレで高級にしたようなもの、 と考えている。 牛丼は普通に美味い、値段を考えればかなりお値打ち。 でもいまどき「安くて美味しい牛丼」では 客の興味を特に引けない。 なら「ローストビーフ丼」にしてみたらどうだろう? ちゃんと米や牛肉は良いものを選んで、 和風にちょっと洋風テイストを加え、 丼料理をあえて高級洋食風に調理すれば 牛丼より付加価値のついた新感覚で、 結構良いものが出来上がるかも、 ・・みたいに考えて作られたのがローストビーフ丼であり、 ぶろおど!という漫画なのかな、と思った。 ギャグ展開も多いし、本格柔道漫画とは言いがたい。 どちらかというとコイバナ的な展開の青春柔道漫画。 全二巻の短い作品だからか柔道の公式試合すら一度も描かれない。 だが、試合風景こそないが、柔道の基礎練習、 基本動作、技の原理などに費やすページが 比較的に多くなっているせいか、 柔道シーンの扱いが軽いという印象は受けない。 なので柔道漫画としては他の作品と比べると、 面白さで上位とは言えないが、 独特の味は持っているし、 こういう柔道漫画もいいかもな、とは思った。 ただし、ヒロインがフランスと日本のハーフだとか、 フランス王者だったという設定は、あまり重要性を感じなかった。 強くて綺麗な大和撫子では話題として弱いかもしれないが、 フランス人で無ければ駄目だった、という盛り上がりは あまり感じなかった。 そのあたりに、 普通の牛丼に調理してもソコソコ美味しい丼になっただろうに、 わざわざローストビーフ丼に仕上げて良かったのかなあ? という感想が沸いた。
もっとみる

最新クチコミ

user_private
名無し
2019/10/05
ローストビーフ丼のような柔道漫画
camera周囲からは札付きの不良として疎まれている青葉マサムネ。 根は純真なのだが自分を持て余して 喧嘩ばかりしているマサムネが 色々とあって投げ飛ばされて好意を抱いた相手は フランス柔道王者で最近転校して来たハーフの女の子。 マサムネは彼女と親しくなろうと柔道部へ入部。 しかし恋敵?が現れて・・ 「ぶろおど!」を読み終えて この漫画はローストビーフ丼みたいだな、と思った。 しばらく前から流行っている「ローストビーフ丼」。 自分としては牛丼をオシャレで高級にしたようなもの、 と考えている。 牛丼は普通に美味い、値段を考えればかなりお値打ち。 でもいまどき「安くて美味しい牛丼」では 客の興味を特に引けない。 なら「ローストビーフ丼」にしてみたらどうだろう? ちゃんと米や牛肉は良いものを選んで、 和風にちょっと洋風テイストを加え、 丼料理をあえて高級洋食風に調理すれば 牛丼より付加価値のついた新感覚で、 結構良いものが出来上がるかも、 ・・みたいに考えて作られたのがローストビーフ丼であり、 ぶろおど!という漫画なのかな、と思った。 ギャグ展開も多いし、本格柔道漫画とは言いがたい。 どちらかというとコイバナ的な展開の青春柔道漫画。 全二巻の短い作品だからか柔道の公式試合すら一度も描かれない。 だが、試合風景こそないが、柔道の基礎練習、 基本動作、技の原理などに費やすページが 比較的に多くなっているせいか、 柔道シーンの扱いが軽いという印象は受けない。 なので柔道漫画としては他の作品と比べると、 面白さで上位とは言えないが、 独特の味は持っているし、 こういう柔道漫画もいいかもな、とは思った。 ただし、ヒロインがフランスと日本のハーフだとか、 フランス王者だったという設定は、あまり重要性を感じなかった。 強くて綺麗な大和撫子では話題として弱いかもしれないが、 フランス人で無ければ駄目だった、という盛り上がりは あまり感じなかった。 そのあたりに、 普通の牛丼に調理してもソコソコ美味しい丼になっただろうに、 わざわざローストビーフ丼に仕上げて良かったのかなあ? という感想が沸いた。
もっとみる

無料で読める