特養日記~介護福祉士が見た最強ご長寿たち~

特養日記~介護福祉士が見た最強ご長寿たち~

介護福祉士の資格を持つ漫画家、金山カメが「人生の先輩=最強ご長寿たち」と体当たりで向かいあった特別養護老人ホームでの日々を赤裸々に描くパワフルエッセイ! 「きつい、汚い、危険、給料が安い etc...」と言われがちな介護のお仕事の、マイナスイメージを吹き飛ばす抱腹絶倒の実態! 想像のナナメ上を行くトンデモトラブルやワガママに振り回されながらも笑顔と知恵と根性と、そして尊敬の念と愛を持って個性派揃いのご長寿たちのお世話をさせていただきます!! 笑いと感動でさわやかに綴るエピソード全17編+あとがきを収録。超高齢社会と言われる今、多くの人に知ってほしい介護の世界!
ハードロック介護!

ハードロック介護!

Blog of the year2015で優秀賞受賞 1日15万PVのホッコリ介護4コマが話題の人気ブログ『コバヤシの、ハードロック介護!』がついに書籍化! 暗い、汚い、ツライ…… そんな介護のイメージをぶっこわす! 介護士コバヤシが、明るくてふっと笑えるような介護施設での日常を4コマ漫画にしました。 ご家族の介護に疲れてしまった人、介護士として働くのがしんどい人、まだまだ介護とは縁遠いと思っている人にも読んでもらいたい あたたかくて、介護生活がもっと楽しくなる施設での毎日です。介護が楽しくなるヒントがきっと見つかります。【著者情報】コバヤシ 1982年2月2日生まれ。神奈川県出身、三重県在住の介護職員。ラーメンと甘い物が好物。趣味のバンドではドラムを担当。デイサービス、小規模老人ホームでの夜勤専門スタッフ、特別養護老人ホームへの転職を経て、現在の介護施設にて勤務中。介護施設での日常を4コマ漫画にしたブログ『コバヤシの、ハードロック介護!』が話題となり、BLOG of the year2015の優秀賞を受賞。『コバヤシの、ハードロック介護』http://ameblo.jp/kobayashiiiiit/小林みそ コバヤシの妻。イラストレーター。この漫画の作画を担当。
ロボ子ちゃんオーバーケア

ロボ子ちゃんオーバーケア

田辺恵美は専業主婦。家事はもちろん、義父、源三の介護もこなしている。夫の博文は仕事人間でいつも家におらず、継子の早紀は心を閉ざして不登校。そんな田辺家に、介護ロボットがやって来た。とっても働き者で、ちょっと毒舌な人型ロボット「ロボ子」が、ちぎれかけた家族の絆を振り回す!?
非婚家族

非婚家族

平凡な家庭生活を営む平凡なサラリーマン…それが自分の人生だと思い、今まで暮らしてきた的場洋介。それが最近、「平凡の下」にまで落ちつつあり、かつての夢や希望は遠くなってしまった。そんなある日、洋介は10年前に離婚した元妻・知華子と偶然再会する。知華子は洋介が住んでいるとは知らず、同じ駅のマンションに引っ越してきたのだった…。恋愛の達人・サイモンが家族のカタチを問う、新しい「家族の形」を探る話題作!!
sogor25
sogor25
2019/11/24
もしもかつての勇者たちを"介護"することになったら…どうする?
かつて魔王との死闘を繰り広げた歴戦の勇者たち。その死闘から数十年、彼らも加齢という敵には抗うことができず、平和になった世の中でひっそりと余生を過ごしていた。そんな余生を過ごす家、特別養護老人ホーム「ばるはら荘」。 そこに職員として紛れ込んだ魔王の孫娘・マリー。彼女の目的は祖父の復讐、つまり年老いた勇者たちに自らの手で仇を打つこと。しかし彼女は知らなかった。勇者たちは年齢を重ねても現役時代と同様の魔力・戦闘力を保っていること、そしてそれにも拘らず、すでにボケが始まっていて時折能力を不用意に暴走させてしまうことを… という、剣と魔法の世界×老人ホームという異色の組み合わせの作品。ファンタジーの雰囲気を保ちながら実際にやってることは老人介護というアンバランスさ、そして勇者たちを介護するために集められた超有能な職員たちと、その辺の事情を全く知らずにノコノコと介護の現場という"戦場"に足を踏み入れてしまったマリーの振り回されっぷりがクセになる。現段階でもすごく面白いけど、今後の展開の仕方、それとマンガ読みの間での認知のされ方次第では「ダンジョン飯」になるポテンシャルを秘めている、そんな作品だと思ってます。 …というのが、この作品をファンタジーもしくはコメディとして見たときの感想。それに加えて私個人としては"介護を描く作品"としても非常に注目しています。 作品全体としては介護の対象が勇者たちなだけあって"異世界モノ"特有のフィクション性の高い設定も数多く見られますが、入居者に対する個々の介護の様子を見てみると、現実の介護にも当てはめられるような描写も多く見受けられます。 現実世界では"介護"もしくは"介護士"というと非常に厳しい環境に置かれており、半ば社会問題となりつつあるように思います。そんな介護の現場をリアルに描こうとすると、社会性が高くなる他方でエンタメ性を保てなくなり、敷居の高い作品となってしまうのではないでしょうか。 そんな中でこの作品は、ファンタジーとして作品のエンタメ性を確保しつつ、いずれは誰もが接することになるであろう"介護"という存在をよりポップに読者に伝える、そんな意図も隠されてるのでは、というの深読みしすぎでしょうか? いずれにせよ、コメディとしての面白さもあり、介護というものに気軽に触れることもでき、読んでいていろんなものを得られる作品であることは間違いないです。 1巻まで読了
ヘルプマン!

ヘルプマン!

現実を真正面で受け止めなければならない介護の現場に入所した百太郎は、様々な体験を重ねて行く。そして老人との交流の中で百太郎はひとつの答えに辿り着く。ジジババ介護に風穴を開けろ!今まで誰も描かなかったリアルな「老人介護」漫画!!
ロボ子ちゃんオーバーケア

ロボ子ちゃんオーバーケア

田辺恵美は専業主婦。家事はもちろん、義父、源三の介護もこなしている。夫の博文は仕事人間でいつも家におらず、継子の早紀は心を閉ざして不登校。そんな田辺家に、介護ロボットがやって来た。とっても働き者で、ちょっと毒舌な人型ロボット「ロボ子」が、ちぎれかけた家族の絆を振り回す!?
虹色ケアハウス【限定エピソード付き】

虹色ケアハウス【限定エピソード付き】

【芳文社版限定エピソード付き】「ゲン直しに新たな世界に飛び込んでみないか」雨の中、バイクから転倒した皆月海斗を助けた男、山岸裕隆はその言葉と共に自分が所長をつとめる高齢者介護施設ケアハウス『虹』へと海斗を連れていく。主人公・海斗と、施設に入居する人々、共に施設で働く人々とが織り成すヒューマンドラマ。