一番下のコメントへ

いわゆる群像劇というか、グランドホテル形式といいますか、それぞれの人物の物語に焦点が当てられて、次の話では違う人物の目線や話をしているけど、登場人物たちがどこかで接点があって繋がっているような、そんな漫画を読みたいのですが、どう調べたらいいのか分からず困っています。
一つの事柄でも見る人によって見え方が違ったり、複数人の話を合わせると像が浮かび上がってくるようなものでもいいです。
映画でいうと『桐島、部活やめるってよ』や『運命じゃない人』というものが思い浮かびました。
オムニバスや短編集などでも大丈夫です。
よろしくお願いします。

1/2ページ
<<
<
1/2ページ
>
>>

オッドタクシー
いろんな人の視点から事件らしきものが浮かび上がってくる

オリジナルアニメ『オッドタクシー』最速のコミカライズ!! 『セトウツミ』『ブラック校則』の此元和津也による脚本、そして新進気鋭の漫画家・肋家竹一が作画を担当! しがないタクシー運転手・小戸川。身寄りはなく、他人とあまり関わらない、少し偏屈で無口な変わり者。趣味は寝る前に聞く落語と仕事中に聞くラ...

どう調べたらいいのか分からず困っています

たしかに、意識して探すとなると難しいですよね。群像劇そのものがテーマの作品ならまだしも、実は群像劇であることを、終盤まで伏せられているような作品の場合は、最後まで読まないとわからなかったりします。わたしのオススメは「珈琲時間」や「遠い食卓」で、食を絡めた群像劇(かつ短編集)などが好きですね。近い漫画が他にあれば、ぜひ教えてほしいです。

1/2ページ
<<
<
1/2ページ
>
>>
コメントする