2020年の良かった読切作品教えて!

一番下のコメントへ
1/6ページ
<<
<
1/6ページ
>
>>
『エクソシズムオーバーナイトフィーバー』雄鶏 ジャンププラス 2020年6月期シルバールーキー賞https://shonenjumpplus.com/red/content/SHSA_JP02PLUS00017196_57

『エクソシズムオーバーナイトフィーバー』雄鶏 ジャンププラス 2020年6月期シルバールーキー賞https://shonenjumpplus.com/red/content/SHSA_JP02PLUS00017196_57

@名無し

めっちゃ良かったですねー! 担当があの林士平さんらしく、今後の作品もメチャクチャ楽しみです。

Twitterのトゥクトゥクイラストも良い…!

ギリギリ2019年12月30日で該当しないんですが、入れさせてください。 遠田おと「にくをはぐ」 https://shonenjumpplus.com/episode/10834108156731321955

ギリギリ2019年12月30日で該当しないんですが、入れさせてください。 遠田おと「にくをはぐ」 https://shonenjumpplus.com/episode/10834108156731321955

@吉川きっちょむ(芸人)

遠田おと遠田おと先生の『にくをはぐにくをはぐ』が短編集に収録されて8/4発売するようです!!嬉しい!!

遠田おと先生の『にくをはぐ』が短編集に収録されて8/4発売するようです!!嬉しい!! https://twitter.com/10da010/status/1288068443313299458?s=21

遠田おと先生の『にくをはぐ』が短編集に収録されて8/4発売するようです!!嬉しい!! https://twitter.com/10da010/status/1288068443313299458?s=21

@名無し

うおおおおおありがとうございます:pray::sparkles:メチャクチャうれしい!!
もちぎもちぎ先生とのインタビューもかなり気になります…!

浅野いにお浅野いにおもしも東京もしも東京
スピリッツ35号

小学館「ビッグコミックスピリッツ」編集部がお届けする無料WEB漫画サイト「やわらかスピリッツ」の読み切り漫画『もしも東京』です。

2020年夏、本来オリンピックと同時期に行われるはずだった展示会「もしも東京」展の展示物として予定されていた読切作品。
東京を文化面から盛り上げるはずだった。
この作品は2月には描きあげていたようで、台詞を一部修正したうえでの雑誌掲載となった。

商業誌での漫画連載を目指すもはじめの一歩一歩踏み切れない日々を続ける東京在住の女性。
だらだらと続く日々と当時から予想されたオリンピックが開催されていたであろう日常日常リアルリアルな空気感と、実際は変わらない日々などなくぬるっと進んでいる様子を描いていていい。
奇しくも本当に「もしも」になってしまった世界。
最良ではなさそうだが悪くはなさそうだ。
https://mangamoshimotokyo.jp/

第86回 青年部門 入選「ウンナ母斑」sacco(30歳・岐阜県)|小学館 新人コミック大賞

授かった命が生まれるまでを天使の目線で美しく優しく残酷に描いていて、心に突き刺さって痛い…痛すぎる…

アオのハコアオのハコ三浦糀三浦糀
週刊少年ジャンプジャンプ35号
バレーボールの朝練に体育館に行くといつも先にいる女バスの先輩。
透き通った空気感とステレオタイプではないキャラクターと会話の気持ちよさがあった。
久しぶりにキュンっとした。
画力もすごいし、期待しかない!

『アオのハコ』...

何度読んでも主人公だけ森田まさのり森田まさのりなの笑う
ヒロイン全然可愛くないし謎のスキンシップばっかりなのに、なぜかめちゃくちゃキュンキュンする…いいラブコメ。

相良秋津に狙われている。 岩本くうよう

「えーらしいね、志崎くん」苺谷しげる【別フレ2020年9月号】

方言がテーマの作品って訛りを誇張しすぎてたり、逆に薄っぺらかったりして鼻につくことがほとんどなんだけど、これは1つも引っかかるところがなくて楽しく読めた。
志崎くんの男の子らしいところと「えーらしい」とこのバランスが絶妙ですごくよかったです…!

「えーらしいね...

さがすひとさがすひと有永イネ有永イネ
ビッグコミックオリジナルビッグコミックオリジナル16号
なんでも役に立つかどうかで判断するプロの家庭教師が、難関私立中学を受験する出来のいい生徒を教えることになったが、毎回授業のたびに本を読み聞かせてくれと頼んでくる。ファンタジーなど嘘の物語で役にも立たないと言いつつも読んであげていくなかで、だんだんと自分の生活における視点も変わっていく。

『アンテン様の腹の中』夜諏河樹 ジャンププラス こういう人間の果てしない欲望としっぺ返しのようなマンガ好き https://shonenjumpplus.com/red/content/SHSA_JP02PLUS00017296_57

『アンテン様の腹の中』夜諏河樹 ジャンププラス こういう人間の果てしない欲望としっぺ返しのようなマンガ好き https://shonenjumpplus.com/red/content/SHSA_JP02PLUS00017296_57

@名無し

このオチほんと好き。そこまで珍しいオチではないと思うけど、欲望の積み重ねがあってからのあれだからすごく良かった。

このオチほんと好き。そこまで珍しいオチではないと思うけど、欲望の積み重ねがあってからのあれだからすごく良かった。

このオチほんと好き。そこまで珍しいオチではないと思うけど、欲望の積み重ねがあってからのあれだからすごく良かった。

@名無し

こういった寓話的な話めっちゃ好みです。
オチで少し不気味なあの人物の描写に納得いきました!

『虚空で踊れ』宇津江広祐宇津江広祐
ゲッサンゲッサン9月号
家族の中で自分だけが読書を好きで、そんな自分を助けてくれたのは近所の幼馴染だった。主人公の女の子が高校に通いながら毎日ネットに小説を上げていくがいつも悪質なコメントがついていて…。
淡々と話が進む中で、明暗がくっきり分かれてくる様子が好きでした。

user_private
名無し

『不埒な彼女と俺の貞操』薊野陽一
学校一可愛いと噂の転入生に告白され付き合うことになったが、部屋に連れ込まれ好きにしてもいいと言う。だが、様子がおかしいので聞いてみると…。
裏切りが二回あって面白いし、ラストの匂わせる終わり方も余韻が残ってよかった。

『不埒な彼女と...

1/6ページ
<<
<
1/6ページ
>
>>
コメントする