漫画家の自伝漫画を教えてください!!

一番下のコメントへ
1/4ページ
<<
<
1/4ページ
>
>>

石ノ森章太郎石ノ森章太郎 の物語』

石ノ森章太郎の自伝的エピソードが集まった作品集。

  • 青いマン華鏡青いマン華鏡週刊少年ジャンプ少年ジャンプ集英社集英社 1973年 6月号
  • トキワ荘物語 『 COM 』 虫プロ商事 1970年 8月号
  • ぼくの部屋にはベートベンのマスクがあった 『 サウンドレコパル 』 小学館 1981年 3月号
  • トキワ荘のチャルメラ 『 マンガチャルメラアクション 』 双葉社双葉社 1986年 10月 24日号
  • ドボン 『 週間読売 』 読売新聞社 1969年 8月 29日号
  • まんが寄席 『 少年画報 』 少年画報社少年画報社 1961年 3月号
  • 時ヲすべる時ヲすべる トキワ荘1961 『 CHAMPION Jack 』 秋田書店 1995年 7月 15日号
  • 時ヲすべる スタジオゼロ1963 『 CHAMPION Jack 』 秋田書店 1995年 7月 15日号
  • ゴルフ友遊録どっこいショット 『 BIGゴルフコミック 』 徳間書店 1985年 5月 20日号・7月 20日号
  • 小川のメダカ 『 週間漫画アクション漫画アクション 』 双葉社 1981年 10月 1日号
  • 風のように風のように……背を走り過ぎた虫 『 週刊ビッグコミックスピリッツビッグコミックスピリッツ 』 小学館 1989年 8月 14日号・8月 21日号
  • MYフレンド 『 週間少女フレンド 』 講談社 1967年 1月 1日1号
  • 鋏 『 プレイコミック 』 秋田書店 1969年 11月 25日号
  • 怪談噺チャーイ 『 週間漫画アクション 』 双葉社 1976年 8月 12日号
  • 吸血 『 週間週刊少年サンデー少年サンデー 』 小学館 1967年夏休み怪奇とまんが傑作号

『石ノ森章太郎...

山下和美山下和美の自伝「ダサくていいんだ!」

2015年から更新止まってるみたいで、3話以降の続きがずっと気になってる作品。
※1, 2話はモアイで読める。

ダサくていいんだ!/山下和美 - モーニング・アフタヌーン・イブニング合同Webコミックサイト モアイ

有名な脳梗塞のエピソードも出てくる。終始明るい雰囲気のタッチで描いてるけど、ずっと後遺症で視野欠損を抱えながら、何十年もマンガを書き続けてたんだなあと思うと、改めて驚きしかない。

畑中純畑中純1970年代記 「まんだら屋の良太」誕生まで1970年代記 「まんだら屋の良太」誕生まで

1968年に上京した畑中純は、新橋のマンガ学校に通うが、学校は1年で倒産。その後、川崎の海岸近くで配管工として働くことになる。マンガ家になることを目指して上京した畑中氏だったが、マンガ界は青年コミック誌と100万部を越え始めた少年誌が注目されるようになっていた頃で、畑中氏は、マンガがわからなくなってしまっていた…。人気作『まんだら屋の良太まんだら屋の良太』が誕生するまでを描いた自伝コミック!

ときめきまんが道 ―池野恋40周年本―ときめきまんが道 ―池野恋40周年本―

「ちぃちゃん」は岩手で暮らすお絵描き好きで内気な少女。いろんな人や作品との出会いを大切に、すくすくすくすく成長する。やがて「りぼん電子版りぼん」に投稿し、漫画家としてデビュー――そのきっかけは、お告げ!? 『ときめきトゥナイトときめきトゥナイト』の作者・池野恋池野恋が、自身の半生を振り返るエッセイコミック! 【同時収録】M・Y様に捧ぐ/あとがきエッセイ

大関詠嗣大関詠嗣『高校3年就活中、2件隣に漫画家が引っ越してきたので、 とりあえず押しかけて僕が漫画家になるまで』

2話はこちら https://note.mu/valensia/n/n25ea92234d67 僕が実際、実家の2軒隣に引っ越してきた漫画家さんと知り合った頃から の話になるんですが、他にも持ち込んでいた出版社や担当編集さんとの付き合い方、当時のゲーム業界の話等になるのかなと...

「『スプリガンスプリガン』の御神苗みたいな漫画家が越してきたのかフ〜ン」って読んでたんだけどマジの皆川亮二皆川亮二御本人が出てきてビビッた

山岸凉子山岸凉子が描く自伝やエッセイ漫画はどれも面白い。
マンガのDNAに収録されている「手塚先生との思い出」とか「牧神の午後」に載ってるエッセイ漫画がおすすめです。

山岸凉子が描く...

1/4ページ
<<
<
1/4ページ
>
>>
コメントする