10/29(木)まで
読める!
icon_reread
また読みたい
フォロー
双亡亭壊すべし(1)
大正時代より、東京・沼半井町に傲然とそびえ立つ奇怪な屋敷、名を「双亡亭」。立ち入った先で闇と出会ってしまったら、もはや己は己でなくなるだろう。遺恨を辿る者達はその門戸へと導かれ、集い、挑む。おぞましき屋敷を破壊する為に…!!
双亡亭壊すべし(2)
空爆でも傷一つつかぬ幽霊屋敷「双亡亭」。父を双亡亭に喰い殺された緑朗と 謎の少年・青一は、強い復讐心を胸に道を急ぐ。一方で、総理が懸けた 莫大な報奨金の元に集う破壊者達… 凧葉や紅、軍、対超常現象のプロらによる「双亡亭破壊作戦」が始まる!! 震撼のスペクタクル・モダン・ホラー、第二巻!!
双亡亭壊すべし(3)
総理が懸けた莫大な報奨金の元に開始された「双亡亭破壊作戦」。奇怪な屋敷に立ち向かう“破壊者達”は、不自然に飾られた自らの肖像画に取り込まれる。彼らを待ち受けていたのは、耐えがたい絶望の世界… 恐怖に呑まれた者達が次々と己を失ってゆく中、凧葉と紅の運命は…!? 震撼のスペクタクル・モダン・ホラー、第三巻!!
双亡亭壊すべし(4)
双亡亭が見せる恐怖に打ち克ち、肖像画から生還した凧葉と紅。絵の奥に潜みながら人間の心身を欲し、侵入者を人ならざる者へと変える“奴ら”は一体何者なのか…? その正体を知る青一は、緑朗と歴代総理大臣達を前に、自身の壮絶な過去をゆっくりと語り始める…!!
双亡亭壊すべし(5)
青一は自らの壮絶な過去を語る。旅客機が不時着した異星で、感情を知らぬ“あの人”と会った事。侵略者達と45年間戦い続けた事… そしてその過去は、双亡亭へと繋がっていた…!! 一方で、凧葉や紅ら破壊者達は、人智を超えた“異形“を退けながらさらに屋敷の奥へ奥へと進んでゆき…!?
双亡亭壊すべし(6)
惨劇を阻止すべく、屋敷の亡者を一掃せよ! 凧葉と紅に救われ、一命を取り留めた破壊者達は屋敷の深部へと歩を進める。その先で、侵略者達の恐るべき目的が明らかに…!! そして総理らと共に、遂に双亡亭の門前に立った青一と緑朗。迫り来る絶望を打破すべく命懸けの攻防戦が始まる…!!
双亡亭壊すべし(7)
この屋敷の奥には、まだ見ぬ闇がある…!! 水路を求める亡者を阻止すべく、液体窒素を爆発させた凧葉、紅ら破壊者達!! 決死の破壊作戦の結末は!? そして新たに、双亡亭へと入りゆく青一、緑朗。奇妙な家屋のさらに奥、誰も立ち入る事がなかった場所で… 双亡亭を建てた坂巻泥努の“闇”が、遂に姿を現し始める!!
双亡亭壊すべし(8)
屋敷の主・坂巻泥努の壮絶な半生とは…!? 昭和七年、五月十五日。双亡亭に部下と踏み込んだ黄ノ下残花は、泥努と邂逅し彼の描いた「絵」に引き込まれた。幼馴染みである泥努と残花の壮絶な過去、そして絶望とは!? 一方、屋敷に巣喰う侵略者達が緑朗に接触。少女の姿で、泥努との“因縁”を語り始め… 知れば知るほど深まる屋敷の恐怖に、立ち向かう術はあるのか…!?
双亡亭壊すべし(9)
屋敷の奥へと進む者達を、次々襲う惨劇…! 双亡亭に巣喰う侵略者“しの”を体内に招き入れてしまった緑朗。屋敷を破壊できる青一を殺さんとする黒い意志が、心身を駆け巡る…!! 残花と帰黒は深部へと進むべく、行く手を阻む脅威に立ち向かい続ける。そんな中、凧葉が凶刃に倒れ…!? 致命傷を負った身体に起きる異変。生死の境で目撃する、恐るべき真実とは!?
双亡亭壊すべし(10)
迫る破滅の時… 急げ、坂巻泥努の元へ!! 双亡亭の主・坂巻泥努が「絵」を描き上げた時、侵略者の大群が押し寄せる… 衝撃の真実を知った霊体の凧葉は、必死に危機を訴える。一方、青一を襲う史上最大の窮地! 幼き少年の心は“絶望”に侵され!? 破滅への時が迫る中で、容赦なく襲い来る屋敷の悪意。決死の覚悟を胸に、再び集え、破壊者達よ――…!!