あらすじ

飛雄馬は速球に一度は自信をとり戻した。しかし、公式戦で左門にホームランを打たれたことから、再び自分の欠点を思い知る。飛雄馬は新変化球の開発を決意する。死の特訓の末、魔球「大リーグボール一号」が、ついに生みだされた!欠点だけでなく、常識さえも越える魔球の誕生は、ライバルたちの闘志に火をつけた。飛雄馬、花形、左門の、新たなる戦いが始まる。