reread
また読みたい
フォロー
星飛雄馬は、父に幼い頃から野球を厳しく仕込まれた。「巨人軍という星座のどまん中で、ひときわでっかい明星となって光り輝け!」という父・一徹は、息子に自分の果たせなかった夢を託すのだった。父の夢に応えるため、ピッチングの練習を続け、つらい特訓に何度もくじけそうになる飛雄馬だったが、高校球界きっての天才児といわれる王貞治と出会い、野球の素晴らしさを知る。かつて、日本中を熱狂させた伝説の野球漫画、ついに登場!!見よ!満点の夜空にひときわ輝く星を――。
父・一徹の期待を受け、青雲高校へと入学した飛雄馬は、野球部へ入り甲子園を目指す!今こそ、大リーグ養成ギプスをはずし、飛雄馬が全力投球できる時が来た。しかし、柔道部の主将・伴宙太は、野球部で注目を集める飛雄馬に異常な敵対心を燃やし、激しいしごきを浴びせるのだった。一方、紅洋高に飛雄馬より一足早く入学した花形満は、天才的強打者として活躍していた。
青雲高校の野球部には飛雄馬の豪速球を受けられる捕手がいない…落ち込む飛雄馬の前に、ただ一人飛雄馬の球を受けられた伴が捕手として名乗り出た。そして迎えた花方満率いる紅洋高との対抗試合、二人の初舞台が訪れたが、伴はエラーを連発してしまう。素人の宙太に恥をかかせた、と伴の父は怒り心頭、試合に逆転しなければ野球部は解散させられてしまうことに…!?
PTA会長・伴の依頼を受け、青雲高校野球部の監督となった星一徹は、数々の教訓を残し、幻のように監督の座を去った。だが、この監督の教えを胸に、青雲高校は、東京都予選でなみいる強敵をなぎ倒し、甲子園大会出場の栄誉に輝く。一方、花形満率いる紅洋高校、左門豊作の熊本農林高校も甲子園出場を決めた。ライバルたちは、待ちわびた飛雄馬との対決に、闘志を燃やす!
甲子園大会準決勝。飛雄馬は左門豊作との対決に1対0で勝ったが、左手の親指の爪を割ってしまう。飛雄馬は爪の怪我を隠したまま、紅洋高との決勝戦をむかえ、苦心の投球を続けた。最終回、宿敵花形満に決勝ホームランを打たれ、青雲高の全国制覇の夢は潰えた。PTA会長・伴は、商売敵である花形モーターズの息子にホームランを打たれた事に腹をたて、野球部の解散を命じた。
青雲高野球部は解散、友情も失い、更に友の責任をとって退学し、意気消沈する飛雄馬の家に、各球団のスカウト連がおしかけた。しかし、飛雄馬が目指すのは巨人軍ただ一つ。巨人軍の新人公募にチャレンジした飛雄馬、親友の伴は、厳しいテストを受け、ついに念願の巨人軍入団を果たす!飛雄馬は川上監督から、背番号16を受けつぎ、憧れの巨人軍でのプロ生活が始まった。
憧れの巨人軍で二軍合宿生活が始まり、飛雄馬はプロの厳しさを思い知らされた。だが、持ち前の闘志で堪えぬき、オープン戦で初登板、見事完封勝利をかざった!このとき、東映の藤村コーチは、なぜか飛雄馬の投球を見て、悲劇の投手終わるかも知れないとつぶやく。この不吉な予言を聞いた父・一徹は、顔色を変えた…飛雄馬が抱える投手としての致命的欠陥とは!?
自分の欠点を知るため、飛雄馬は新年早々雪山にこもり、自主トレーニングに励む。そこへ駆けつけた伴の指摘で、体重不足による救いがたい欠点を知らされた。しかし、飛雄馬はこのショックにもめげず、自分の欠点を補う秘策を探りながら、間近に迫ったペナントレースに闘志を燃やす。台湾キャンプでも順調な仕上がりを見せた飛雄馬だったが、川上監督はなぜかその前途に不安を抱く。
飛雄馬は速球に一度は自信をとり戻した。しかし、公式戦で左門にホームランを打たれたことから、再び自分の欠点を思い知る。飛雄馬は新変化球の開発を決意する。死の特訓の末、魔球「大リーグボール一号」が、ついに生みだされた!欠点だけでなく、常識さえも越える魔球の誕生は、ライバルたちの闘志に火をつけた。飛雄馬、花形、左門の、新たなる戦いが始まる。
魔球「大リーグボール一号」は誰もを凡打にしとめ、飛雄馬は快進撃を続けた。大リーグボールに抑えられ、スランプに陥ってしまった花形だったが、オールスター戦で、魔球攻略のヒントを得る。花形は人知れず血みどろの特訓を続け、ついに勝負の時を迎えた。終生のライバル・花形に、予告ホームランを宣言された飛雄馬。果たして勝負の行方は…!?