あらすじ

地上最凶拳といわれる北斗琉拳の使い手シャチは、修羅の国の郡将カイゼルを倒し、リンを連れ出した。それは、北斗琉拳の3人の羅将とケンシロウを闘わせるためだった。第三の羅将ハンにリンを渡したシャチ。そしてついに、ケンシロウがリンの前に現れる。ケンシロウとハンの闘いが始まり、リンは修羅の国に伝わるラオウの伝説を知る。それは、ラオウが修羅の国の救世主として上陸してくるという伝説だった。そしてケンシロウもまた、修羅の国が北斗神拳の故郷であり、同時に自らの故郷であることを知る……。