あらすじ

将介と鈴本の戦いはまさに死闘と呼べるものだった。将介は鈴本のなかに将棋の神が宿っているといい、鈴本は盤上に居るといった。鈴本が最後の一手を指したまま、将棋盤に覆い被さるように倒れてしまう……。救急車で運ばれる途中、意識を取り戻した鈴本。救急車で将棋会館へ引き帰るが、鈴本は対局室へ入ることができない…。
store