あらすじ

王竜戦・準決勝。待ち続ける刈田のもとにようやく将介が現われ、月明かりのもとふたりの戦いが始まった。刈田が将棋界のスターだった全盛期の頃の気迫で第7手を指したとたん、将棋会館全体が停電になる。しかし、月明かりがあるからと対局続行を決めたふたり。将棋会館の暗闇からは刈田の気迫が青白い閃光となって放たれていた。
store