部長島耕作 1巻
島耕作は、初芝電産という巨大組織の中で、部長となっても自分の意志に忠実に、最前線で闘い続ける!部長となって現場から離れると、少しはヒマになるかと思っていたが、とんでもない思い違いだった。毎日が目のまわるような忙しさだ。弘兼憲史が描くサラリーマン漫画の最高傑作!
部長島耕作 2巻
業績不振の責任をとり、辞任する決意をかためた中沢社長。派閥をもたない中沢が信頼を寄せていた島も、中沢の辞任と共に早期退社を迫られる可能性があった。中沢のすすめで島は、初芝電産貿易に代表取締役専務として出向することになった。島の新たな任務は、畑違いの輸入ワインの仕事だ!
部長島耕作 3巻
ワインの買い付けのため、フランスへとんだ島耕作。知り合ったワインの仲買人、エミール・ロランの協力で、日本での独占販売契約を結んだ“プレスティージュ”。この完璧なワインなら、市場が動いて将来は10倍の価格で取引されるかもしれない。プロパガンダのため、ワイン・オークションに目をつけるが…!?
部長島耕作(4)
“プレスティージュ”は世界中で話題となり、相場もうなぎ上りになった。島耕作の実績は役員会でも評判となり、その手腕を見込んで、グループ企業の赤字部門・サンライトレコード社の建て直しを依頼される。三分の一の社員をリストラしなければならない辛い仕事だ。島耕作は、代表取締役専務として再出向する決意をする。
部長島耕作(5)
仕事をやりやすくするためにも、サンライトの中で売上に貢献する実績を作りたいと考えた島耕作。彼が仕掛けた大物演歌歌手・八ツ橋新子の再売り出しは成功し、彼女は栄光の復活をとげた!が、その矢先に、ヤクザとの黒い交際疑惑、そして八ツ橋の癌が発覚して…!?島耕作が音楽業界に新旋風をまきおこす!
部長島耕作(6)
自らの癌を知りながら、八ツ橋新子は日本CD大賞の賞レース、紅白歌合戦のトリと、歌手人生をかけて年末の仕事をこなしたが、東京タワーの下でのイベント会場で倒れ、持ち直したのも束の間、帰らぬ人となってしまった。対応に追われ、やっと家に帰れた島だったが、新子の後援会会長が会社に乗り込んできて…!?
部長島耕作(7)
島耕作の娘・奈美は、アメリカで14歳の天才シンガー、ナンシー・アレンとの契約を島に持ちかける。ナンシーは、日本にいるはずの父親を捜す目的もあって、日本でのデビューを望んでいた。実は、島こそがナンシーの父親だったのだ!島たち、サンライトレコードはナンシーとの契約、日本でのデビューに全精力を傾ける!
部長島耕作(8)
ナンシーの芸名はNyaccoと決まり、デビューシングルは大ヒットを記録した。サンライトは累積赤字を一挙に吹き飛ばした。いよいよ、島耕作は初芝本社に取締役のポストを用意され、戻れることとなった。しかし、初芝の相談役である中沢が突然のクモ膜下出血に倒れてしまい…!?
部長島耕作(9)
Nyaccoに続く大物新人を狙い、新人アーティストのオーディションが行われた。歌舞伎の花柳虎之介の娘、野添まどかは自分の素性を明かさずにオーディションを受けていたが、島たちは彼女の実力に目をつけた。一方、島は以前交際していた料亭の女将・かつ子と再会し、よりを戻すが…!?
部長島耕作(10)
往年のヒット・グループ、ナイトクラッカーズの来日公演に際し、彼等は全盛期のチヤホヤされた待遇を要求。無分別ぶりを発揮する彼等と、島達サンライトレコード側でトラブルは勃発した。また、ハツシバ現社長らにより、順調な業績のサンライトでの島と、社長派の人間とのすげ替えが画策されていた!