あらすじ

業績不振の責任をとり、辞任する決意をかためた中沢社長。派閥をもたない中沢が信頼を寄せていた島も、中沢の辞任と共に早期退社を迫られる可能性があった。中沢のすすめで島は、初芝電産貿易に代表取締役専務として出向することになった。島の新たな任務は、畑違いの輸入ワインの仕事だ!