どこまで本当の話か分からないけど面白かった!スランプに苦しんでる1巻より、漫画家としての仕事が充実してきた2巻の方が読み応えあるかも。いつか読もうと思ってた「拡散」が月産7ページ、年1連載、6年かけて完成した作品だって知らなかった…。これは心して読まねば…。「拡散」の元担当さんが度々登場して結構厳しいことも言うんだけど、小田ひで次の一番の読者はこの人なのかもと思うような愛情を感じましたね。岩手にある実家の本屋が閉店する時に小田ひで次、黒田硫黄五十嵐大介小原愼司の合同サイン会をしたって話は本当なのだろうか。笑っちゃうくらい豪華だな〜!

スランプになった漫画家が再起するまでにコメントする
『平成マンガ家実存物語 おはようひで次くん』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ総合へ

平成マンガ家実存物語 おはようひで次くん

へいせいまんがかじつぞんものがたりおはようひでじくん
平成マンガ家実存物語 おはようひで次くん(1)
平成マンガ家実存物語 おはようひで次くん(2)