拡散(1)
父の転勤明けで5年ぶりに我が家へと帰ってきた瀬下あざみは、すぐに幼なじみの男の子・カッちゃんこと東部克彦(とうべかつひこ)に会いに行く。川原に座るカッちゃんを見つけたあざみは昔のように声をかけるが、彼に冷たくあしらわれてしまう…。
拡散(2)
個人として存在することを止め、ちりぢりになり世界中に広がる。「拡散」という現象に翻弄されながら旅を続ける少年・克彦が選んだ結末とは。テーマ、表現力ともにヨーロッパのみならずアジアでも話題を呼んだ物語がここに完結。