競馬漫画というより動物漫画、ジャンプ漫画

一番下のコメントへ

だがこのジャンルで一般層への知名度は最大。
なんせアニメ化されてる(アニメ版はアニメ版でファミリー向けの要素を強くした結果、肉や魚食うマキバオーとかまだ良い方で、ぶっちゃけ酷い部分も多いが、時間帯的には理解できる)し、おそらく商業的にも競馬サブカルチャーの中ではかなり大きな部類であろう。

人と馬が意思疎通したり、側対歩が足の回転さえ同じなら倍の速さ理論とか、あまりにもぶっ飛んだトレーニング場面や、連載延長に伴うイカレた描写はある物の、
根柢の部分に見える作者の競馬に対するリスペクトはかなり強く、レース(という名のバトル)描写がメインながら、今見ると外厩に対する目線やイヤミに見えて挑戦心旺盛な本田社長、中小牧場の悲哀なんかもキッチリ描いていて見事。
特に人と馬が言葉を交わす、いわゆる動物漫画的な描写はむしろむしろストーリーに深みを与えデフォルメの効いた絵柄もこれに対する違和感をかなり軽減している。
連載後半は超時空競馬的な描写が増えていて、かなりぶっ飛んでいる物の実は最後の最後で予後不良からの復帰という、ある意味最も強烈なファンタジーを描いている
ココを肯定できるかどうかは難しい、サラブレッドレッドの世界で何故予後不良の際安楽死が実行されるのか、コレは連載当時は分からなかった事で、とにかく復帰できたことに安堵していたが
今の年齢になって見ると、騎手との出会い、野性での新走法習得、日本ダービーの同着、これらを全て足してもなお足元にも及ばないご都合主義にも感じてしまう。
それほどまでに予後不良というのがどういう物か、理解してしまってると、人と馬が言葉を通じ、馬が二本足で立てるというこの世界観でさえ、この部分のご都合主義感はかなり感じる。
だがそれでもそれが決して安易なご都合主義ではない事は間違いなく描かれており、この際に語られるモノローグはぶっ飛んだレース描写が増えて、完全に競馬漫画ではなく週刊少年ジャンプジャンプ漫画と化していたみどりのマキバオーが、最後の最後に間違いなくこの作品は競馬漫画だと宣言できるものになっていて、コレを以て肯定できる。

素晴らしいクチコミをありがとうございます。
昨今の競馬作品ブームに全く乗れていない自分ですが、競馬漫画といえばやはりみどりのマキバオーみどりのマキバオーです。
それを競馬に造詣の深い方が公平に、そして愛情をもって熱く語ってくださっているのを見て嬉しくなりました。
久しぶりに読み返したい…!

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー