投稿
3
コメント
2
わかる
13
ピサ朗
ピサ朗
2021/04/26
ネタバレ
村田ひろゆき氏、入魂の一作
といっても、それなりの年齢のある方にはこの村田ひろゆきという名前にそれ程いい印象は持ってない人も多いだろう。 なんせ代表作の工業哀歌バレーボーイズは超が付くほど下品なギャグ漫画で、バカでエッチな男子高校生のアホな日常を時折青春や人情を感じさせる話を交えつつ描いていた作品で その下品さと御世辞にも上手くはない絵、良い話もあるとはいえ、人を選ぶ作風だった(とはいえ50巻に渡り連載されたように人気は有った)のは間違いない。 しかしその村田ひろゆき氏は2010年に癌と闘病中であることを告白し、背筋がうすら寒くなるような闘病漫画をあっけらかんと載せ、そうして復帰後に描かれたのがこの医者漫画であるドクター早乙女である。 絵や時折でる下品なギャグこそ村田作品らしいのだが、死線を彷徨ったのを嫌でも感じさせる病院や病気の強烈な描写… 医療漫画なのに監修無しという作者の気合いを感じまくった姿勢が内容からビシバシ伝わってくる。 紙版では「馬鹿でエッチな漫画を描いてた村田でーす」等と自虐していたが、この作品から感じる気迫は正直その「バカでエッチな漫画を描いていた」過去があるのは間違いない、バカでエッチな漫画を描いていた村田ひろゆきが、癌で死に掛けた後に医者物描いているという事実は正直空恐ろしさすら感じさせる。 基本的には優れた医療技術を持つが、ぶっきらぼうで口の悪い早乙女医師が病院内でであう様々な患者や事件を、新人の姫野看護師の目を通して見ていく作品で、村田流の下品さは姫野看護師が女性という事もあり、不快に感じてツッコミを入れている分、印象としてはバレーボーイズ時代より緩和されている。 病院勤務とはいえ医療技術といい、アウトロー臭さといい、かなりブラック・ジャックを意識したキャラと作風だが、あちらに比べるとあっけなく失われる命も多く描かれているが、架空の症例も多いあちらと違い現実的な症例に終始しており、バレーボーイズでも描かれた人情もの的な作風はある種の生々しさを出している。 画風も下品さも含めて正直まだまだ人を選ぶ作風だとは思うが、間違いなく作者入魂の一作、出来れば1話だけでも読んで欲しい。
ピサ朗
ピサ朗
2021/04/20
ネタバレ
リアルとファンタジーのバランスが凄まじい
あらゆるサッカー漫画の中でもココまでリアルとファンタジーのバランスを上手くとった作品はこの作品だけではないかと思う。 まずこの作品の主人公「一条龍」はファンタジーの塊である、技術、身体能力、発想力あらゆる点でずば抜けており、間違いなくサッカーの神童、自ら18歳までにA代表を目標と豪語し、周囲も間違いなくそうなるだろうと認める程。 しかしその才能は2巻にて脆くも崩れ去る、キャプテン翼はサッカーボールがクッションになって事故でも怪我一つなかったが、この少年はサッカーボールがクッションにならなかったパターンで、まず間違いなく現実にこんな目に合ったらサッカー選手になる夢なんて諦めて当然と言っていい事故にあう。 が、一条龍はそれでもなおサッカーを続けようとするのである。ハッキリ言えばこの点を見ると、肉体的・技術的な面よりメンタル面がファンタジーの塊と言わざるを得ない。 ライバルポジションのキャラは技術面こそファンタジーに片足突っ込んでるレベルの選手もいるのだが、基本はその年代としてはの範疇で上手く、メンタルも少年らしい危うさがあり、リアルの範囲に収まっているだけに主人公のファンタジーっぷりが際立っている。 特に序盤のチームメイトは本当にその辺に居そうなレベルで、良くも悪くもただのサッカー好きでしかなかったのだが、かつての才能を失いそれでも必死に足掻く一条龍を見て感化され、町のサッカー少年から少しでも上を目指そうとする姿にはかなり共感する。 描かれているサッカーは基本現実的な技術の応酬で、主人公も2巻で技術を一旦ほぼリセットしてしまうのだが、18歳でA代表という目標を掲げ続けるように高校生編からはレベルの高い選手もかなり登場していて、失われた技術を発想や1から鍛え直した別方向での技術や、その姿勢に感化されたチームメイト達でどうにかねじ伏せていく試合は見ごたえのある物。
ピサ朗
ピサ朗
2021/04/15
ネタバレ
競馬漫画というより動物漫画、ジャンプ漫画
だがこのジャンルで一般層への知名度は最大。 なんせアニメ化されてる(アニメ版はアニメ版でファミリー向けの要素を強くした結果、肉や魚食うマキバオーとかまだ良い方で、ぶっちゃけ酷い部分も多いが、時間帯的には理解できる)し、おそらく商業的にも競馬サブカルチャーの中ではかなり大きな部類であろう。 人と馬が意思疎通したり、側対歩が足の回転さえ同じなら倍の速さ理論とか、あまりにもぶっ飛んだトレーニング場面や、連載延長に伴うイカレた描写はある物の、 根柢の部分に見える作者の競馬に対するリスペクトはかなり強く、レース(という名のバトル)描写がメインながら、今見ると外厩に対する目線やイヤミに見えて挑戦心旺盛な本田社長、中小牧場の悲哀なんかもキッチリ描いていて見事。 特に人と馬が言葉を交わす、いわゆる動物漫画的な描写はむしろストーリーに深みを与えデフォルメの効いた絵柄もこれに対する違和感をかなり軽減している。 連載後半は超時空競馬的な描写が増えていて、かなりぶっ飛んでいる物の実は最後の最後で予後不良からの復帰という、ある意味最も強烈なファンタジーを描いている ココを肯定できるかどうかは難しい、サラブレッドの世界で何故予後不良の際安楽死が実行されるのか、コレは連載当時は分からなかった事で、とにかく復帰できたことに安堵していたが 今の年齢になって見ると、騎手との出会い、野性での新走法習得、日本ダービーの同着、これらを全て足してもなお足元にも及ばないご都合主義にも感じてしまう。 それほどまでに予後不良というのがどういう物か、理解してしまってると、人と馬が言葉を通じ、馬が二本足で立てるというこの世界観でさえ、この部分のご都合主義感はかなり感じる。 だがそれでもそれが決して安易なご都合主義ではない事は間違いなく描かれており、この際に語られるモノローグはぶっ飛んだレース描写が増えて、完全に競馬漫画ではなくジャンプ漫画と化していたみどりのマキバオーが、最後の最後に間違いなくこの作品は競馬漫画だと宣言できるものになっていて、コレを以て肯定できる。