すごいよかった

一番下のコメントへ

『勇午』の赤名修赤名修はよく読んでいるので知っていたが中島かずき中島かずきって名前はなんかで見たことあるがいまいち思い出せなかったので調べたら、「今のところ、日本で一番石川先生(石川賢石川賢)の単行本を作った編集者」だった。これが面白いのは当たり前だったという気持ちでしかないな。
あらすじは評判の腕利きの錠前屋錠之介が江戸の魔を錠に封じて江戸の守っていくという内容で赤名修をすごいあっていた。主人公のスタンスが大きな悪と戦う為ではなく、江戸の市民を守るというの一貫していて好感も持てた。”枢り屋”の謎を残しながら終わってしまったのが残念だ。たまにシリーズ連載してほしいくらいだ。

昔同じアクションで連載していた「明楽と孫蔵 幕末御庭番明楽と孫蔵 幕末御庭番」といいアクションの江戸マンガは面白いのがおおいな

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー