reread
また読みたい
フォロー
勇午 超合本版(1)
交渉とは言葉を武器にした戦いである――。世界一の交渉成功率を誇る交渉人・別府勇午のもとに現れた涙を浮かべた若い女性・岩瀬繭子。「どうか、お願いです……父を……たすけてください」勇午は繭子の思いとともに単身パキスタンへ向かう。ダコイットとパキスタン政府軍の思惑が絡む灼熱の大地で、勇午の交渉は成功するのか!?
勇午 超合本版(2)
ロシアに幽閉されている少女・ナージェンカ奪還の依頼を受け、極東ロシア・ウラジオストックに降り立った別府勇午(べっぷゆうご)だったが、既にロシア当局が監視の目を光らせていた。
勇午 超合本版(3)
交渉とは言葉を武器にした戦いである――。成功率97.4%……世界一の交渉成功率を誇る交渉人(ネゴシエイター)・別府勇午(べっぷゆうご)は、テロリズムという名の狂気と対峙する。EU外相会議への爆破予告――犯行声明を出したのはIRA! 言葉のみを武器とする交渉人に、過激テロ組織と渡り合う術(すべ)はあるのか。
勇午 超合本版(4)
交渉人(ネゴシエイター)・勇午、死す――! バンコクで勇午の死亡が確認された。報(しら)せを受けたジャーナリスト・北村は、まだ高校生の菊地周を同行させ、真相の究明を目指す。勇午が受けていた依頼とは? そして依頼人は? そこには日本でもタイでもない、第三国の影が……!
勇午 超合本版(5)
世界一の交渉成功率を誇る交渉人(ネゴシエイター)・別府勇午(べっぷゆうご)が、キリストの謎に挑む! 『マグダラの止まり木』には、重大な秘密が隠されていた…!抽出されたキリストのDNA、クローン技術、そして、新千年紀最初の聖誕祭に生まれ来る奇跡の子供…それは果たして本当にキリストの再来なのか?
勇午 超合本版(6)
交渉とは言葉を武器にした戦いである―。成功率97.4%…世界一の交渉成功率を誇る交渉人(ネゴシエイター)・別府勇午(べっぷゆうご)。言葉のみを武器とする男に、国境など存在しない―! パレスチナとイスラエルの対立が、テロリズムという形でパリの街に現れる。絡み合った憎しみの歴史、その渦中に身を投じる勇午の交渉とは…?