モンゴル滞在記

もんごるたいざいき
著者:松本るい
ジャンル:4コマ
最新刊:
2016/06/09
ストアに行く
本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
フォローする
メモを登録
メモ(非公開)
保存する
お気に入り度を登録
また読みたい
『モンゴル滞在記』のクチコミ投稿
クチコミで好きなマンガを広めよう!
話題の種類
「マンガのクチコミってどうやって書けばいいの?」という方へ!選んだ話題の種類に応じて書き方のヒントになる例文を表示します。
クチコミのヒントを表示する
タイトル
本文
モンゴル滞在記
モンゴル滞在記
松本るい
松本るい
あらすじ
日々の喧騒を忘れて広大な自然のなかでリフレッシュしたくなる。そんな松本るいのモンゴル旅行記。モンゴルの平原を馬で駆けてみたくなります。
モンゴル滞在記の情報の提供お待ちしてます!
掲載している内容の誤りや、この作品に関するおすすめの記事、公式情報のリンクなどはこちらからお送りください。みなさまのご協力をお願い申し上げます。
モンゴル滞在記 1巻
日々の喧騒を忘れて広大な自然のなかでリフレッシュしたくなる。そんな松本るいのモンゴル旅行記。モンゴルの平原を馬で駆けてみたくなります。
モンゴル滞在記 2巻
日々の喧騒を忘れて広大な自然のなかでリフレッシュしたくなる。そんな松本るいのモンゴル旅行記。モンゴルの平原を馬で駆けてみたくなります。
モンゴル滞在記 3巻
日々の喧騒を忘れて広大な自然のなかでリフレッシュしたくなる。そんな松本るいのモンゴル旅行記。モンゴルの平原を馬で駆けてみたくなります。
モンゴル滞在記 4巻
日々の喧騒を忘れて広大な自然のなかでリフレッシュしたくなる。そんな松本るいのモンゴル旅行記。モンゴルの平原を馬で駆けてみたくなります。
モンゴル滞在記 5巻
日々の喧騒を忘れて広大な自然のなかでリフレッシュしたくなる。そんな松本るいのモンゴル旅行記。モンゴルの平原を馬で駆けてみたくなります。
モンゴル滞在記 6巻
日々の喧騒を忘れて広大な自然のなかでリフレッシュしたくなる。そんな松本るいのモンゴル旅行記。モンゴルの平原を馬で駆けてみたくなります。
ぼくは純情同居人

ぼくは純情同居人

世間知らずの高校生・稲男は2歳年上の愛子と恋人同士。愛子にプロポーズをした稲男は稲男の両親に許しをもらいに行くも勘当されたあげく家を追い出されてしまう。そこから稲男と愛子の同居生活が始まるが―!?表題作「ぼくは純情同居人」他4作収録。
酒呑童子「太郎と鈴鹿の物語」

酒呑童子「太郎と鈴鹿の物語」

海に面した村で漁師として細々と生活をしていた太郎は、名主さまの娘・鈴鹿さまに思いを寄せていた。ある日、国主さまの元へ嫁がされる事になった鈴鹿を太郎は連れ出そうとしたが、二人は引き離された。鈴鹿は悲しみのあまり海に身投げをし、太郎もそれを追った。流れに流れ、腐敗した世の京都で茨木童子と出会い、太郎は鬼と呼ばれるようになる……。
流れのお竜

流れのお竜

まわりになじまない転校生・岬竜子は、これで何校目かの転校を重ね、一端(いっぱし)学園高校にやってきた。学園のアイドル羽鳥朱鷺也に見初められ、なぜかデートに誘われて……!?凸凹カップルのドタバタラブコメディ!
初恋Uターン

初恋Uターン

主人公の西木玖理、通称クリクリ。そんな愛称をつけたのは幼馴染の京にいちゃんでクリクリの初恋相手である。その京にいちゃんがなんとバスケットの臨時コーチとしてクリクリの学校へやってきた!初恋相手が帰って来て心が揺さぶられるクリクリだが……?!
酒呑童子太郎と鈴鹿の物語

酒呑童子太郎と鈴鹿の物語

平安王朝期、洛西大江山に多くの鬼がこもり、京に出て略奪をほしいままにしたという。彼らは結髪をせず、童子名を名のり、終生童子髪であったという古来より神に仕える者は世の人と違い長髪であったというが、自らを鬼と呼び世俗との縁を絶った者たちのしるしであったのだろうか。大江山に棲む鬼と恐れられた酒呑童子の姿を松本るいが鮮やかに描き出す!
試し読み
咲耶姫怪異

咲耶姫怪異

安積一族によって滅ぼされた結城一族。残された咲耶姫は危うく難を逃れ、通りがかった猟師に助けられた。人里はなれた山の中で、多世と名づけられて育った咲耶姫だったが、ある日安積の追手の手が…父を兄を一族を滅ぼされ、育ててくれた猟師も殺され、咲耶は鬼女と化す…
やさしい番長シリーズ

やさしい番長シリーズ

やよいは転校初日、電車で不良にからまれてしまう!助けてくれた人は名前も言わずに去ってしまった。新しい高校で、園芸部に入ろうと決めていたやよいだったが、園芸部は部員がその高校の番長一人だという。やよいが勇気を出して温室に訪れてみると、今朝助けてくれたのは番長だった!番長が綺麗に手入れしている温室を見て、やよいは言われているような人ではないと考える。
新・今昔物語千歳のしらべ

新・今昔物語千歳のしらべ

出羽の国に流された藤原豊充の娘・阿古耶。阿古耶は父をなぐさめるかのように、毎夜琴を奏でた。ある時、琴の音色にあわせて笛の音が聞こえて来た。二つの音は美しいしらべとなり、毎夜続いた。阿古耶はいつしかその人の事が気にかかって…松本るいが暖め続けてきた日本昔がたりをイーブックでお届けします。
試し読み
流れのお竜

流れのお竜

女だてらにケンカずき。行く先々の学園で、けんかが原因で退学になること数知れず。そんな竜子が転校してきた今度の一端学園高校にはちょっと変わった規律があった。それは、学術優秀、テニス部のキャプテンにして学園のアイドル・羽鳥朱鷺也に全校女生徒が真心をこめた手作りの品を贈ることだった!朱鷺也に興味のなかった竜子だったが、今度の学校こそ長続きしてほしいと願う親たちのため、渋々プレゼントを…

おすすめのマンガ

天幕のジャードゥーガル

天幕のジャードゥーガル

後宮では賢さこそが美しさ。13世紀、地上最強の大帝国「モンゴル帝国」の捕虜となり、後宮に仕えることになった女・ファーティマは、当時世界最高レベルの医療技術や科学知識を誇るイランの出身。その知識と知恵を持ち、自分の才能を発揮できる世界を求めていたファーティマは、第2代皇帝・オゴタイの第6夫人でモンゴル帝国に複雑な思いを抱く女・ドレゲネと出会い、そして……!? 大帝国を揺るがす女ふたりのモンゴル後宮譚!