ジャパニーズSF漫画の看板の1つ

一番下のコメントへ

月刊アフタヌーンアフタヌーンで読んでいた頃はこんな超大作になるとは思っていなかった。
個人的アフタヌーン作品ベスト5に入る大好きな作品。

ガワだけ硬質化してしまって中身がドロドロになる人間の終焉を表したかのようなウィルスによってボロボロになった人類はそれでも地球でしぶとく生きていた。
第一話はタイトルにもあるとおり、エデンエデンとは何なのかを示唆している(最初はこの1話だけでの読み切りの予定だったとかなんとか)
二話から初めて主人公となるエリヤが登場、彼の素性や性格などを少しずつ描いていくが、ディストピアとなった地球は弱肉強食であり、それはまた人類も同じだった。

電脳ハックやロボットとの融合など、理にかなった説明があり腑に落ちるように描かれていて遠藤浩輝遠藤浩輝の素晴らしいのはここなんじゃないかと感じる。
今読み返しても2巻までの間に死んでいく仲間(というか脇役達全部)の印象深いシーンが読んだ当時まだ大人になっていなかった自分の脳裏にトラウマレベルで焼き付いていたことがわかる。
女性が酷い目に合うシーンがたまにあるんだがそれがまたしんどい。。
ただ、圧倒的な暴力の食い物にされるような展開は嫌いだが、この世界では仕方がないと思えるところもちょっとある。それでも数冊に渡って出ていたキャラに痛々しい死に方をされるのは心に来るものがあるが。

ストーリーはもちろん、そもそもの世界観や主役級の登場人物たちの背景の描き方など、天才としか言いようがない。人種の表現力もまた素晴らしく、日本人の良さや中東の儚さや辛さ、欧米軍人の強さと容易さなど本当に評価に値するところばかり、と私は思っている。

とかいうわりにだいぶ久しく読んでいなかったので最後までもう一回読み返そう。電子の合本版でもいいんじゃないかな。
自由広場のスレであった「女の子の部屋にあったら惚れ直す」みたいなタイトルの中に是非加えたい作品。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー