余すことなく甘くて切ない夏を味わう

一番下のコメントへ

これが何の漫画なのか、というのが全く見つからない。しいていうなら、田舎の夏を構成するものが全部入っているような漫画です。ページの隅から隅まで余すことなく味わわないと損するような気持ちになる。中でも、涙を含めた水の表現の芸術性が高すぎる。アシスタントさんが居たとしてもあれをひとりでカリカリ描いてる風景は凄まじいものだと想像します。
過去に囚われ前に進めない姉・庸子と、毎日何かに傷つき何かに喜ぶ眩しい日々を送る妹・きら。そのコントラストコントラストを丁寧に、余所見せず、誤魔化さず、真っ直ぐに描いているという印象です。
夏が終わると思って焦って久しぶりに読み返しましたが、こんな傑作だったか…?と驚いた。最終話ひとつ手前の32話がいちばん好きです。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー