ネタバレ
コーチと女子小学生が二人三脚でメダルを目指す…!!

一番下のコメントへ

いや面白れ〜〜〜!!!!言いたいことはそれだけです…もうホントおもしろい…!!マンバの新連載トピックで知り、フィギュアフィギュアスケートが題材だということでワクワクしながら読んだのですが、軽く期待を超える面白さでした。

(▼1話の扉絵。ブレードに司の目が写ってるのがいい…)

世界トップレベルのフィギュアスケーターを多く排出しているだけあって、漫画界にも枚挙に暇がないほどたくさんのフィギュアスケート漫画があるんですよね。
少年・青年・少女・女性、全ての雑誌区分で「男女シングル・ペア・アイスダンス」の全種目が描かれてるのは本当にすごいことだと思います。

そんな多種多様なフィギュアスケート漫画があるなかでも、この『メダリストメダリスト』は抜きん出てる…!!

まず、「フィギュアスケート界」の概要をこれ以上なくわかりやすくかいつまんで説明していて見事…!!

・スケーターは大学卒業を目処に競技から引退する
・全日本選手権は「甲子園」のような憧れの大会だけど、最近レベル上がりすぎててやばい
・スケート靴は、片足にインとアウトの2つ刃が付いている
・プロ(ショーで滑るスケーター)になれるのは一握り
・5歳頃からスケートを始めるのが普通

というように、スケヲタには当たり前すぎるフィギュアスケート界の「設定」を丁寧に描いていたのがすごく良かったです。

(地味に一番感動したのが、スケーティングの解説。選手じゃない人間にはただ滑ってるようにしか見えませんが、その「ただ滑ることにも技術が費やされている」。それに言及してくださったことが、スケート好きとして嬉しかったです)

そしてなにより、メイン2人の来歴が他になくておもしろい…!!

主人公・司(26)は学生時代に独学でスケートを学び、20歳をすぎてから初めて指導者の下で教えを受け全日本選手権出場。スケートリンクのスタッフとして働くかたわら、ショースケーターにも応募している。

この司みたいに、「形を変えてフィギュアスケートにしがみついている」という、リアルリアルな実力の「スケーター」を描いたスケート漫画は初めて読みました。

いままで自分が出会ったフィギュアスケート作品の主人公は、全員高いレベルにいる有望な「選手」。

これってよく考えればサッカー漫画で言えば、プロを目指す高校生とか、プレミアやブンデスリーガに挑戦するJリーガーが主人公ってことなんですよね。

そういう一握りの一流の物語ばかりしか読んだことがなかったので、司のリアルな設定にはワクワクしっぱなしです。

そしていのり(10)もまた、テキストを読み込みながら独学でスケートを学んでいる小学生の女の子。
この10歳という、一流を目指すにはギリギリの年齢もいいんですよね。本格的にフィギュアを習い始めたのは12歳(!!)というジョニー・ウィアーを思い出して熱いです。

はぁ…面白い。

いや〜もうホント面白かったので、久しぶりに電子版のアンケート入れてきました。

なお雑誌の柱コメントによると、作者のつるまいかだつるまいかだ先生もフィギュアスケートをされているそう(納得)

ゴチャゴチャ書きましたが、フィギュアスケート界を高解像度で描いた読み応えバッチリのスポーツ漫画なので、とにかく1話を読んでほしいです。

インタビューもいいな

もう、しませんから。 ~青雲立志編~/西本英雄 第6話「熱くて泣ける氷上の物語! ~『メダリスト』」 - モーニング・アフタヌーン・イブニング合同Webコミックサイト モアイ

デフォルメ顔が多いのが気になるけど「氷の上に乗れない人の言葉なんて信じなくていい」って正論で気持ちのいい回だった!
友達もライバルもどんどん増えるね!

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー