面白い新連載がスタートした!
こいつは見逃せない!!

ある生物がある時から地球に跋扈し始め、人類は蹴散らされ高い山へ逃げ延び、
かつての大地はガスで覆われ化け物たちの住処となってしまった。
人類の最後端、日本の北アルプスにて出会うのは、食べ物が食べられれば何でもいい優秀で合理的な軍人と、研究所の研究者と改造人間たち。

第1話

1話目から超グッとくる設定と情報量!
いやほんと、読んで楽しんでほしいから重要なところ書けないけど、改造人間たちと軍人の役割的な相性が最悪なほどに良いから、最高としか言えない。
合理的な軍人は、人間をシンプルに人的資源や数字と考えてしまうのかな…?
だからこそ、アホガキ中身の怪力改造人間たちが上手いこと使われてて倫理観を完全に度外視で恐怖なんどけど、戦略としては正解としか言えない。
レベルEのアホ天才王子を想像してもらえると伝わりやすいかも。
ちょっとした狂気が予想を裏切ってくれる。
出会って、関係がセットされたところまでが1話。
ここからどうなってくんだろう?
物語の方向性自体はまだ見えないけど、軍人さんはご飯が食べられればとりあえずはいいのかな?
人類の逆襲がここを起点に始まるのかしら…?
世界観が素晴らしいから今後の展開から目が離せない!

ジャンプSQ増刊に載っていた読切(「フィラデルフィアの棺」「黒後家蟹の推理」「銃後の勇気」)は読めてないけど、アフタヌーン四季賞の読切は強く記憶に残ってる!
死よ来たれ
殺意を失った人間たちしかいない未来で、突然変異で殺意を抱ける人間が生まれ、家族のを奪っていくが…。
思ってた展開より二段階くらい変化して最高だった。

ここまで合理性と効率性を行動の軸にして復活するとはいえサクサクいけるのマジで面白いな!

ここまで合理性と効率性を行動の軸にして復活するとはいえサクサクいけるのマジで面白いな!

@名無し

こういうセリフから分かるね

user_private
チャンピオンスキー
面白い新連載がスタートした! こいつは見逃せない!! ある生物がある時から地球に跋扈し始め、人類は蹴散らされ高い山へ逃げ延び、 かつての大地はガスで覆われ化け物たちの住処となってしまった。 人類の最後端、日本の北アルプスにて出会うのは、食べ物が食べられれば何でもいい優秀で合理的な軍人と、研究所の研究者と改造人間たち。 第1話 https://twitter.com/rokudaimaruei/status/1276675852332183552?s=21 1話目から超グッとくる設定と情報量! いやほんと、読んで楽しんでほしいから重要なところ書けないけど、改造人間たちと軍人の役割的な相性が最悪なほどに良いから、最高としか言えない。 合理的な軍人は、人間をシンプルに人的資源や数字と考えてしまうのかな…? だからこそ、アホガキ中身の怪力改造人間たちが上手いこと使われてて倫理観を完全に度外視で恐怖なんどけど、戦略としては正解としか言えない。 レベルEのアホ天才王子を想像してもらえると伝わりやすいかも。 ちょっとした狂気が予想を裏切ってくれる。 出会って、関係がセットされたところまでが1話。 ここからどうなってくんだろう? 物語の方向性自体はまだ見えないけど、軍人さんはご飯が食べられればとりあえずはいいのかな? 人類の逆襲がここを起点に始まるのかしら…? 世界観が素晴らしいから今後の展開から目が離せない! ジャンプSQ増刊に載っていた読切(「フィラデルフィアの棺」「黒後家蟹の推理」「銃後の勇気」)は読めてないけど、アフタヌーン四季賞の読切は強く記憶に残ってる! 『死よ来たれ』 殺意を失った人間たちしかいない未来で、突然変異で殺意を抱ける人間が生まれ、家族のを奪っていくが…。 思ってた展開より二段階くらい変化して最高だった。 https://comic-days.com/episode/10834108156652934204
camera

面白い新連載がスタートした! こいつは見逃せない!! ある生物がある時から地球に跋扈し始め、人類は蹴散らされ高い山へ逃げ延び、 かつての大地はガスで覆われ化け物たちの住処となってしまった。 人類の最後端、日本の北アルプスにて出会うのは、食べ物が食べられれば何でもいい優秀で合理的な軍人と、研究所の研究者と改造人間たち。 第1話 https://twitter.com/rokudaimaruei/status/1276675852332183552?s=21 1話目から超グッとくる設定と情報量! いやほんと、読んで楽しんでほしいから重要なところ書けないけど、改造人間たちと軍人の役割的な相性が最悪なほどに良いから、最高としか言えない。 合理的な軍人は、人間をシンプルに人的資源や数字と考えてしまうのかな…? だからこそ、アホガキ中身の怪力改造人間たちが上手いこと使われてて倫理観を完全に度外視で恐怖なんどけど、戦略としては正解としか言えない。 レベルEのアホ天才王子を想像してもらえると伝わりやすいかも。 ちょっとした狂気が予想を裏切ってくれる。 出会って、関係がセットされたところまでが1話。 ここからどうなってくんだろう? 物語の方向性自体はまだ見えないけど、軍人さんはご飯が食べられればとりあえずはいいのかな? 人類の逆襲がここを起点に始まるのかしら…? 世界観が素晴らしいから今後の展開から目が離せない! ジャンプSQ増刊に載っていた読切(「フィラデルフィアの棺」「黒後家蟹の推理」「銃後の勇気」)は読めてないけど、アフタヌーン四季賞の読切は強く記憶に残ってる! 『死よ来たれ』 殺意を失った人間たちしかいない未来で、突然変異で殺意を抱ける人間が生まれ、家族のを奪っていくが…。 思ってた展開より二段階くらい変化して最高だった。 https://comic-days.com/episode/10834108156652934204

面白い新連載が...
@吉川きっちょむ(芸人)

『死の来たれ』

死よ来たれ』ですよ。

合理的なデルウハがこの状況でどう判断するんだろう。ここはもう二人を捜索しに来たということにしては駄目なのか?笑
それにしてもあのイペリットの進化版?に対抗するのに3人は足りない気がするな…

3巻もハチャメチャにおもしろかった!! これ友達に教えたいんだけど、毎回説明に困る。 こんなに面白いのに自分があらすじ説明してもつまらなそうに聞こえてしまう…。
camera

3巻もハチャメチャにおもしろかった!! これ友達に教えたいんだけど、毎回説明に困る。 こんなに面白いのに自分があらすじ説明してもつまらなそうに聞こえてしまう…。

3巻もハチャメ...
@名無し

・突如出現した化け物によって人類が滅亡に追い込まれている終末もの
・超合理主義者の元軍人が主人公で、人類の生き残りの研究所で怪力で不死身の人造強化人間の少女たちに出会い、軍事知識を活用して指揮することに。
・耐久力は一般人並みの少女たちの復活のルールは、一定の損傷を受けたら「その約1時間前の損傷がなかったときの自分を再生する」というもので、記憶に関しても適用される
・いきすぎた合理主義の主人公は、反発する彼女らに効率的に言うことを聞かせるために「殺して記憶をリセットさせる」という手段を躊躇なくとり「都合が悪いことはなかったことにする」味方殺しのサイコパスだった
・やっていることは倫理的にはどうかしてるけど、軍事的には優秀なので人類の存亡を懸けた状況では唯一の希望になってしまうという歪さ

自分も説明難しいなと思って要約してみたんですが、めっちゃムズイっすね!!

そういえば人工言語の世界共通語エスペラント語が世界に浸透してるって設定があったけど便利だなって思った
デルウハの本名、アンドレア・デ=ルーハって名前今回初めて出たんだっけ?

設定が良すぎて早く先読みたいにコメントする
『Thisコミュニケーション』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ一覧をみる

前のクチコミ

このクチコミも読まれています

また読みたい
フォロー