バタアシ金魚のカオル君みたいになりたい

一番下のコメントへ

あなたにとって望月ミネタロウ望月ミネタロウの代表作は何ですか?

私にとってのそれは「東京怪童東京怪童」なんですけど。こないだ始まった「フレデリックフレデリック」で【あの「ドラゴンヘッドドラゴンヘッド」と「ちいさこべえちいさこべえ」の作者の新連載がスタート!】と紹介されててビックリしました。あれ!?「バタアシ金魚バタアシ金魚」は!?と。まあ、代表作があり過ぎるということかもしれませんが…。

私が「バタアシ金魚」を読んだのは10年位前ですが、主人公・カオル君のブレーキが壊れた熱血さが理解できなかった。これは連載当時との感覚が合わないから起こるギャップなのかな?と思ってたのですが、どうやらリアルリアルタイムで読んだ人にとってもカオル君の熱さは時代遅れで、みんなソノコ状態だったそうです。でも圧倒的に表現の仕方が新しくてカッコ良かった!と聞いたことがあります。

岡崎京子岡崎京子のエッセイでも「バタアシ金魚のカオル君みたいに」という言葉がありましたが、カオル君のバカみたいなガムシャラさって、本当はどんな時代でも一番カッコいいことであるべきなんじゃないかと思います。

今、このクチコミを書いてて「ちいさこべえ」の主人公とカオル君って似てるかも?と気づきました。望月ミネタロウが描いている、人間にこうあって欲しいと思う姿(ヒーロー像?)って、初めから変わっていないのかもしれません。

コメントする
reread
また読みたい
フォロー