将棋マンガは数あれど

一番下のコメントへ

"女流棋士"に絞って描いているのは新しい。タイトルの「永世乙女の戦い方永世乙女の戦い方」も、純粋な将棋の対局としての戦いという意味ももちろんあるだろうけど、棋士を目指していくのか、女流棋士として活動するのか、将棋のプロとしての異なる"生き方"という意味も含まれてそう。

くずしろくずしろさんって新規のキャラを出す時に作中で関係性を組み立てるのではなく、既に関係性のあるキャラを出して掛け合いの中で盛り上がりまで全速力で持ってくのが上手いなぁと感じていて、特に今作はバトルの要素がある分特にその上手さが際立つ。
将棋の盤上の状態というよりも対局の状況・趨勢を2人の闘いとして躍動的に魅せる画面作りをしてくれているので、将棋に詳しくなくても対局に引き込まれる。

そして絵力と合わせてセリフの力も強い。1ページ目からもう破壊力抜群。
にしても、強い言葉を使ってそのまんま強く見えるんだからずるい。

1巻まで読了

コメントする
reread
また読みたい
フォロー

このクチコミをフォローしているユーザー

banner