早くお金を払わせてくれ!!SPY×FAMILYの良さ【まとめ】

一番下のコメントへ

面白いと評判を聞くので読んでみたら、んも〜〜!!本当に最高じゃいないですか…!!

【あらすじ】

百の顔を使い分ける西国(ウェスタリス)の諜報員〈黄昏〉は、東西の平和を脅かす東国の危険人物に近づき動向探るという新たな任務を負った。
用心深いその人物が唯一姿を現す、息子が通う名門校の懇親会に出席するため、〈黄昏〉もまた任務で「結婚して子どもを名門校に通わせる」ことに―――

 
【大好きポイント】
その1「舞台設定」
東ドイツっぽい。昔のヨーロッパの中〜上流階級の暮らしって感じがたまらない!
 
その2「絵」
格好いいスパイアクション、おしゃれな演出、ヨーロッパのへ憧れをかきたてる背景、カッコよくて可愛いキャラデザ。
はああ〜〜、完璧かよ!!!
 
その3「キャラ」
〈黄昏〉はバリバリ仕事してるときはちゃんとスパイらしい鉄面皮なのに、アーニャやヨルの前では怒ったり笑ったり、頬を染めちゃうギャップが最高。
ヨルさんは私生活私生活では気弱でおっとりしているのに、仕事になると容赦がない。ギャップが最高。
アーニャはお勉強は苦手だけどが機転の効く幼女。舌っ足らずなのが最高にキュート。どうか「ちち」と「はは」とずっと幸せに暮らしてくれ…!!!

その3「スパイ」
マジで大声で言っちゃいますけど、漫画化・アニメ化された柳広司柳広司の「ジョーカー・ゲーム」が好きな人は読んだほうがいいです!!!!!

「強靭な肉体と優れた頭脳で任務をこなし、本当の自分を誰にも見せずに生きるスパイがもし家族を持ってしまったら」
ジョーカー・ゲームのエピソードの中で、最も続きが気になって身悶えた「暗号名ケルベロスケルベロス」のIFを見ているかのようなストーリーに震えました。

この2作品は、たとえるならNINKU―忍空―NINKU―忍空―に対するNARUTO―ナルト― カラー版NARUTOのように、全く別の作品だけれど何か通じるものを感じます。
 
【まとめ】
ジョーカー・ゲームからドシリアスを抜いて、格好いい諜報員の技術は受け継ぎ、舌っ足らずな超能力者の幼女と美人でおっとりした殺し屋の妻という素敵な女性陣を足して、主人公をちょっぴり感情豊かにし、遠藤達哉遠藤達哉先生の素敵な絵で仕上げた漫画。それがSPY×FAMILYSPY×FAMILY

単行本の発売は7月4日とのこと。
早くお金を払わせてくれ〜!!

(画像は1話より。本編を読んでからこのカラー絵を見ると、意味がわかって最初と全く違って見えるのがいい…!)

面白いと評判を...

【おまけ】
ちょくちょく出てくる暗号がかわいくて好きです!アルファベットの由来を推測してまとめてみました。

「にゃーん=C暗号」…Cat(猫)
→新聞をあぶり出し

「おつりケロ=F暗号」…Frog(カエル)
→おつりの硬貨を分解すると中にメモ

※T暗号←Toad(ヒキガエル)もあるらしい?

(画像は1話より。スパイのお約束「顔ペリペリ」と新聞の受け渡しで司令を伝えるやつやってくれてホント最高)

**【おまけ】...

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー