洋菓子から転向!下町と修行と人情と

一番下のコメントへ

パティシエールパティシエールを目指していた女の子が、和菓子職人の弟子になる物語。「そんなん面白いに決まってんじゃん…!」と読んだら、案の定面白かった!

(違う世界に挑戦する話が大好きなんです…Real ClothesReal Clothesスピナマラダ!スピナマラダ!空手小公子 小日向海流空手小公子 小日向海流みたいな)

まずこの絵柄がいい!
キラキラした少女漫画やシュッとした少年漫画じゃ出せない「素朴さと温かみ」が下町の義理人情を引き立ててたまらない。

そして職人の在り方・心構えをガッツリ丁寧に描いてるところがいい!

和菓子を作るには、材料から日本の四季と文化に精通しなくてはならない。よって親方や女将さんがなっちゃんを育てるために、あれやこれや手を尽くすし、なっちゃんも期待に応えるために真剣に努力する。

店には親方、兄弟子、店を取り仕切る女将さんがいて、和菓子の道を極めるうえで主人公彼らとは「師弟関係」という線引きがある。

尊敬と愛情で繋がる「親しいが馴れ馴れしさはない」、職人の世界の人間関係がすごくよかったです。

そして何より、全く道の厳しい世界でもヘコたれない、主人公の真っ直ぐな心とタフな根性が読んでいて気持ちがいい!
こういう子好きです。

何も知らずに読み進めていたところ、20巻のあとがきで衝撃を受けました。
作者の方がご病気で逝去されており、その遺志を継いで未完のまま完結させるというお知らせでした。

アメリカから来た新しい弟子となっちゃんの関係がどう決着するのか本当にワクワクして読んでいただけに、「ここでなっちゃんの世界は終わり」といきなり知らされショックで呆然としました…。

未完ではありますが、作中の下町人情や美味しそうなお菓子、日本の伝統文化は本当に最高。
最初から未完であると知ったうえで楽しんで読んでほしい名作です!

コメントする
reread
また読みたい
フォロー