理系のちゃんとした学術知識を上手く使ってバカエロコメディを描きたい…そうだ!イグノーベル賞をテーマにしよう!
…という背景があったかはわからないけど、真面目さとアホさのバランスがちょうどいいコメディに仕上がってる。
実際、特に理系分野でイグノーベル賞を獲るのって至って真面目に研究してきた結果である場合が殆どで、この作品ではその「真面目だけど(一般人目線だと)変わってる」感じを上手くデフォルメして「真面目だけどアホ」な感じに変換されているので、引け目なしに笑える作品になってる。
登場人物全員がいい意味でバカなので、意外と「ぐらんぶる」や「惰性67パーセント」みたいな作品が好きな人には相性がいいかもしれない。
1巻まで読了

※表紙のブラジャーは実在しますが作品には登場しませんにコメントする
『いぐのべる ブラジャーはガスマスクになるんですか?』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ総合へ