icon_reread
また読みたい
フォロー
ワールドエンドクルセイダーズ(1)
安息の地球は、理不尽に終わりを迎えた。東京上空に現れた、“神”を名乗る謎の物体。死を告げる五人の使者。豪州が灰燼と化し、米国は壊滅。日本は機能を停止。初日の死者は11億人を数えた。尊敬する総理大臣の父を殺された桂しるしは、彼らに抗う“力”を求めた。そして“神”から与えられた、不思議な力を秘めた“3枚のコイン”。70億人類vs.“神の五本指”。人類の存亡をかけた100日間のサバイバルがはじまる──。
ワールドエンドクルセイダーズ(2)
神のサバイバルゲーム2日目。能力を裏解錠した≪神の小指≫イモリに苦戦する桂しるし。そこに空から舞い降りた≪薬指≫ラララ・リラ。しるし目当てに、やって来た。しるしを「王子様」だと語る、見た目は無邪気な夢見る少女。実は人類を破滅へ導く能力者。一歩でも応手を間違えたら、死。
ワールドエンドクルセイダーズ(3)
七十億人が人質に取られた百日間のデスゲーム・六日目。桂しるしは《二色鬼》の能力を持つ女子高生・八尋菊花を仲間に迎え、自衛隊の協力のもと北米大陸に降り立った。暴虐の王、《中指》ターコイル討伐に向け、世界が動き出す。これは、神に抗う小さな人類の物語。