進撃の巨人 attack on titan

進撃の巨人 attack on titan

手足をもがれ、餌と成り果てようと、人類は巨人に挑む!!巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。だが名ばかりの平和は壁を越える大巨人の出現により崩れ、絶望の戦いが始まってしまう。――震える手で、それでもあなたはページを捲る。超大作アクション誕生!これが21世紀の王道少年漫画だ!!
水は海に向かって流れる

水は海に向かって流れる

「あの人、本当は怒りたいんじゃないの?」高校への進学を機に、叔父の家に居候することになった直達。だが最寄りの駅に迎えにきたのは見知らぬ大人の女性、榊さんだった。案内された家の住人は、親に黙って脱サラしたマンガ家(叔父)、女装の占い師、ヒゲメガネの大学教授、どこか影のある25歳OLと、いずれも曲者揃い。そこに高校1年生の直達を加えて、男女5人での一つ屋根の下、奇妙な共同生活が始まった。共同生活を送るうち、日々を淡々と過ごす25歳OLの榊さんに淡い思いを抱き始める直達だったが、彼女と自分との間には思いも寄らぬ因縁が……。少年が家族の元を離れて初めて知る、家族の「罪」。自分もその被害者なのかもしれないが、加害者でもあるような気がする。割り切れないモヤモヤした思いを抱きながら、少年は少しずつ家族を知り、大人の階段を上っていく。前作から4年の沈黙を破った田島列島が、ユーモラスかつセンシティブな独特の筆致で描くのは、家族の元を離れて始まる、家族の物語。家族の元を離れて始まる、家族の物語。高1春、曲者揃いの住人たちと男女5人の共同生活を始めた直達。彼が淡い想いを寄せる25歳OLの榊さんとの間には、思いも寄らぬ因縁が……。「別冊マガジン」連載時より作家、著名人、漫画読みから絶賛の声が続々!宝島社「このマンガがすごい!2015」オトコ編第3位、マンガ大賞2015第2位など各漫画賞を総ナメにした名作『子供はわかってあげない』の田島列島、待望の最新作!
惡の華

惡の華

ボードレールを愛する、文学少年・春日高男(かすが・たかお)。ある日、彼は、放課後の教室に落ちていた大好きな佐伯奈々子(さえき・ななこ)の体操着を、思わず盗ってしまう。それを、嫌われ者の少女・仲村佐和(なかむら・さわ)に見られていたことが発覚!!バラされたくない春日に、彼女が求めた“契約”とは……!?話題沸騰!!奇才・押見修造が描く背徳的純愛ストーリー!
ふらいんぐうぃっち

ふらいんぐうぃっち

木幡真琴(こわた・まこと)、15歳。青森で魔女はじめました。――黒猫のチトと一緒に横浜からやってきた真琴は、青森の親戚の家で暮らしはじめました。実は彼女は魔女。今はまだ空をとぶくらいしかできないけれど、またいとこの圭(けい)や千夏(ちなつ)たちと毎日げんきに暮らしてます。
進撃の巨人 attack on titan

進撃の巨人 attack on titan

手足をもがれ、餌と成り果てようと、人類は巨人に挑む!!巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。だが名ばかりの平和は壁を越える大巨人の出現により崩れ、絶望の戦いが始まってしまう。――震える手で、それでもあなたはページを捲る。超大作アクション誕生!これが21世紀の王道少年漫画だ!!
惡の華

惡の華

ボードレールを愛する、文学少年・春日高男(かすが・たかお)。ある日、彼は、放課後の教室に落ちていた大好きな佐伯奈々子(さえき・ななこ)の体操着を、思わず盗ってしまう。それを、嫌われ者の少女・仲村佐和(なかむら・さわ)に見られていたことが発覚!!バラされたくない春日に、彼女が求めた“契約”とは……!?話題沸騰!!奇才・押見修造が描く背徳的純愛ストーリー!
進撃の巨人 attack on titan

進撃の巨人 attack on titan

手足をもがれ、餌と成り果てようと、人類は巨人に挑む!!巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。だが名ばかりの平和は壁を越える大巨人の出現により崩れ、絶望の戦いが始まってしまう。――震える手で、それでもあなたはページを捲る。超大作アクション誕生!これが21世紀の王道少年漫画だ!!
惡の華

惡の華

ボードレールを愛する、文学少年・春日高男(かすが・たかお)。ある日、彼は、放課後の教室に落ちていた大好きな佐伯奈々子(さえき・ななこ)の体操着を、思わず盗ってしまう。それを、嫌われ者の少女・仲村佐和(なかむら・さわ)に見られていたことが発覚!!バラされたくない春日に、彼女が求めた“契約”とは……!?話題沸騰!!奇才・押見修造が描く背徳的純愛ストーリー!
水は海に向かって流れる

水は海に向かって流れる

「あの人、本当は怒りたいんじゃないの?」高校への進学を機に、叔父の家に居候することになった直達。だが最寄りの駅に迎えにきたのは見知らぬ大人の女性、榊さんだった。案内された家の住人は、親に黙って脱サラしたマンガ家(叔父)、女装の占い師、ヒゲメガネの大学教授、どこか影のある25歳OLと、いずれも曲者揃い。そこに高校1年生の直達を加えて、男女5人での一つ屋根の下、奇妙な共同生活が始まった。共同生活を送るうち、日々を淡々と過ごす25歳OLの榊さんに淡い思いを抱き始める直達だったが、彼女と自分との間には思いも寄らぬ因縁が……。少年が家族の元を離れて初めて知る、家族の「罪」。自分もその被害者なのかもしれないが、加害者でもあるような気がする。割り切れないモヤモヤした思いを抱きながら、少年は少しずつ家族を知り、大人の階段を上っていく。前作から4年の沈黙を破った田島列島が、ユーモラスかつセンシティブな独特の筆致で描くのは、家族の元を離れて始まる、家族の物語。家族の元を離れて始まる、家族の物語。高1春、曲者揃いの住人たちと男女5人の共同生活を始めた直達。彼が淡い想いを寄せる25歳OLの榊さんとの間には、思いも寄らぬ因縁が……。「別冊マガジン」連載時より作家、著名人、漫画読みから絶賛の声が続々!宝島社「このマンガがすごい!2015」オトコ編第3位、マンガ大賞2015第2位など各漫画賞を総ナメにした名作『子供はわかってあげない』の田島列島、待望の最新作!

人気クチコミ

たか
たか
2019/12/09
これは好きなやつ!末期の兄を救うため弟が手を染める…!
タイトルに「東京/トーキョー/tokyo」が入ってるマンガは、だいたい格好良くて面白い。そして別マガ2020年1月号から始まったこの『23区東京マジョ』はさっそく新たな格好いいトーキョーマンガになる予感しかない…!! https://i.imgur.com/7vlAsqL.jpg (『23区東京マジョ』拝田久 第1話) ___ 【あらすじ】 勉強しなくても学年トップの成績、3階から軽々と飛び降りる身体能力を持つ高校2年生の少年・ハナコは、6年前自分を火事から救った兄・ゼンの治療費を工面するため、人知れずバイトに励んでいる。しかし、兄弟の辛苦が報われることなく、残酷にもゼンの余命は半年だと告げられる…。ある日、ハナコが兄の昔なじみがやっている喫茶店でバイトをしていると、テレビでは「人間の体が円形に貫かれ、臓器が抜き取られる事件」について流れていた。そこへ1人の男が店にやってきて、ハナコがテレビを見る様子を観察し、おもむろに話しかける…。 ___ **主人公・ハナコが腹の中で無力感・怒り・屈辱を抱え、静かに耐えている描写が本当に見事で興奮した。** https://i.imgur.com/1fuN4no.png (『23区東京マジョ』拝田久 第1話) わかりやすく泣き叫んだりして辛そうな様子は人に見せない。**ただ、極自然にトイレ掃除や皿洗いをしながら、テレビに独り言をつぶやきながら自分の臓器を売ったらいくらになるかを計算している。** ドラマでもアニメでもマンガでも、「悲しい時に悲しい顔をする」ような**単純な感情描写ではなく、こういう人間の複雑さを見せてくれる作品に出会うとと無条件に愛してしまいます…最高です。** そして何より**キャラデザと演出が良すぎる…!** マジョのデカめのコート、フードに長い耳、トランク、蓄光の入れ墨。そして初めての出会いは雨の交差点で、使い魔らしきムカデを持っていた新聞に収納。もう格好良さの塊か?? なぜハナコはゼンの顔が見れなくなってしまったのか。 マジョとはいったい何なのか。 2019年も残すところあと1カ月、こんなに気になる新連載が始まるとは予想外ですごくワクワクしています。早く2話で詳しい話を教えてくれ〜〜!!! 【第1話】 https://pocket.shonenmagazine.com/episode/10834108156720538772 【拝田久先生のTwitter】 https://twitter.com/hisashi_haida/status/1203867692668612609
たか
たか
2020/06/09
可愛い女の子のゆるい観光マンガと思いきや…
最初は正直「はいはい、おっぱい大きくて可愛い女の子がただのんびり観光するだけのやつね」と全く興味なかったんだけど、まさかまさかのシリアス展開で面白かった…!! https://twitter.com/magapoke/status/1270007918335717378?s=20 窓に格子が嵌められた部屋。 検査衣と体に刻み込まれ管理番号…。 「ここから出たことがないから、いつか自由になったら旅行にいきたい」 かつて殺し屋として育てられたST-33こと「シタミ」は、現在、同じ組織で育ったKZ-33「カザミ」とともにミミミ観光なる殺し請負い会社を営んでいる。 「女の子を食べ歩きをして景色を見てはしゃぐもの」、「殺し屋の女の子でも旅行してもいいんだよ」というカザミの言葉を受けて、シタミは依頼で日本全国へ行き、そこで殺しの「下見」のため観光し現地の文化や食を調査するというあらすじ。 ただカワイイ女の子がカワイイことをするだけのお話ではなく、きちんと「カワイイこと(観光)」をするのに理由があるのがいい! 殺し屋がご当地のJKに紛れるために地元の制服を着るって発明じゃないですかね…最高。 川の中でずぶ濡れで見上げる松江城エモすぎて一気に好きになりました。次回はどの県に行くのか楽しみ…!! https://pocket.shonenmagazine.com/episode/13933686331658844050
もっとみる

最新クチコミ

もっとみる

無料で読める