休刊のバーズから「空電ノイズの姫君」がイブニングに移籍

一番下のコメントへ

「バーズ」休刊により、「空電ノイズの姫君空電ノイズの姫君」がイブニングイブニングに移籍。

女子高生でバンドものというと元気で爽やかというイメージを抱きがちですが、この作品はやはり冬目景冬目景といいますか、ゆったりとしていてどこか陰のある雰囲気です。
また私が音楽をやっているのでどうしても敏感になってしまうのですが、作品内に「音楽」という概念・文化がごく自然に息づいていて、すごくリアルリアルだなと感じました。たとえば少年漫画にありがちなように「これが私たちの音楽だ!」みたいに変に美化されたり特別視されているようなこともなく、サラリーマンのお父さんが普通に会社に行くがごとく彼女の傍らにはギターがあります。
1話でギター少女と歌う少女が出会ったからといって、その場で組んでグラミー賞獲ろうぜ!!とはならない代わりに、じっくり見守っていきたくなる漫画です。

というかスタジオ付きの家に生まれ育つってめっちゃ羨ましいw

高瀬さんマジか!覚悟を決めたってこと?!

高瀬さんマジか!覚悟を決めたってこと?!

@名無し

単行本出たから読んだんだけどめっちゃカジュアルに大学辞めてて笑っちゃった。
ロックなのかロックじゃないのかわかんないとこ好き

最終巻読みました。正直夜祈子が抜けちゃうのはもやもやしながら読んでたんだけど描き下ろしまで読んだら二人が何考えてたのかよくわかったし、アルタゴがこうなったのもなんかいいなと思えた。いい終わり方でした。

それはそれとしてふたりの続きの物語は見たいんですよねぇ………!!!

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー