羊のうた 1巻
高校生の高城一砂は、幼い頃に別れた一つ年上の姉・千砂と再会し、高城家に代々伝わる「病」のことを聞く。その「病」は、発病すると「吸血鬼」のように、他人の血が欲しくなるという。やがて発病し、発作に苦しむ一砂に千砂は自らの血を与えるが……。
羊のうた 2巻
幼い頃に別れた姉・千砂と再会した高城一砂は、「吸血鬼」のように他人の血が欲しくなる高城家の「病」のことを知る。発病し発作に苦しむ一砂に千砂は自らの血を与え、亡き父もまた千砂に血を与えていたというが……。
羊のうた 3巻
幼い頃に別れた姉・千砂と再会した高城一砂は、「吸血鬼」のように他人の血がほしくなる高城家の「病」のことを知る。発病し発作に苦しむ一砂に千砂は自らの血を与え、亡き父もまた千砂に血を与えていたという…。
羊のうた 4巻
幼い頃に別れた姉・千砂と再会した高城一砂は、「吸血鬼」のように他人の血がほしくなる高城家の「病」のことを知る。やがて千砂と一砂は、すべてから自分たち隔離し、二人きりで暮らし始めるのだが……。
羊のうた 5巻
「吸血鬼」のように他人の血が欲しくなる高城家の「病」。発病した高城一砂に姉・千砂は自らの血を与える。亡き父も千砂に血を与えていたという。体調不良が続く千砂は一砂を拠り所とするが、一砂もまた父の代わりでもよいと受け入れ……。
羊のうた 6巻
「吸血鬼」のように他人の血が欲しくなる――高城家の「病」を発病した高城一砂に姉・千砂は自らの血を与え、二人きりで暮らし始める。体調不良が続く千砂は一砂を拠り所とし、一砂は千砂の側にいることを誓う。
羊のうた 7巻
「吸血鬼」のように他人の血が欲しくなる――高城家の「病」を発病した高城一砂に姉・千砂は自らの血を与え、二人きりで暮らし始める。やがて、千砂は、母の死にまつわる隠された真実を思い出す。ますます弱っていく千砂を見守る一砂は……。
かしこ
かしこ
1年以上前

皆さんの『マンガ履歴書』が見たい!

【マンバのマンガ履歴書】 ▼はじめて読んだマンガ
 [友達に借りたあさりちゃん] 
▼はじめて買った単行本・雑誌 
[ちゃおを読んでました。多分ライバルはキュートBoy]
 ▼幼少期に読んでたマンガ・マンガ家
 [天ない・人魚シリーズ・あたしンち・火の鳥・有閑倶楽部・ピューと吹く!ジャガー] 
▼青春時代に読んでたマンガ・マンガ家
 [きせかえユカちゃん・のだめカンタービレ・ハチミツとクローバー・羊のうた。吉田戦車と内田春菊を読んでこんな漫画もあるんだ…!って思った] 
▼大人になって好きになったマンガ・マンガ家
 [大島弓子・高浜寛・一ノ関圭・土田世紀] 
▼年齢問わず、ずっと好きなマンガ・マンガ家
 [手塚治虫・秋月りす] 
▼「なんか面白い漫画ない?」って聞かれた時に答えるマンガ
 [三日月のドラゴン。あと天コケは読んだ方がいいって言いたい] 
▼子孫へ受け継ぎたいマンガ
 [セクシーボイス アンド ロボ。黒田硫黄の漫画は読んでわくわくするから] 
▼死んだら棺桶に入れて欲しいマンガ
 [pink。全1巻だし、ユミちゃんの生き方が好きだ。一緒に今敏のサイン本も焼いて欲しい] 
▼最後に履歴書を書いてみた感想をぜひ! 
[子供の頃に読んだ漫画をまた読みたくなりました。懐かしい!]