reread
また読みたい
フォロー
高校生の高城一砂は、幼い頃に別れた一つ年上の姉・千砂と再会し、高城家に代々伝わる「病」のことを聞く。その「病」は、発病すると「吸血鬼」のように、他人の血が欲しくなるという。やがて発病し、発作に苦しむ一砂に千砂は自らの血を与えるが……。
幼い頃に別れた姉・千砂と再会した高城一砂は、「吸血鬼」のように他人の血が欲しくなる高城家の「病」のことを知る。発病し発作に苦しむ一砂に千砂は自らの血を与え、亡き父もまた千砂に血を与えていたというが……。
幼い頃に別れた姉・千砂と再会した高城一砂は、「吸血鬼」のように他人の血がほしくなる高城家の「病」のことを知る。発病し発作に苦しむ一砂に千砂は自らの血を与え、亡き父もまた千砂に血を与えていたという…。
幼い頃に別れた姉・千砂と再会した高城一砂は、「吸血鬼」のように他人の血がほしくなる高城家の「病」のことを知る。やがて千砂と一砂は、すべてから自分たち隔離し、二人きりで暮らし始めるのだが……。
「吸血鬼」のように他人の血が欲しくなる高城家の「病」。発病した高城一砂に姉・千砂は自らの血を与える。亡き父も千砂に血を与えていたという。体調不良が続く千砂は一砂を拠り所とするが、一砂もまた父の代わりでもよいと受け入れ……。
「吸血鬼」のように他人の血が欲しくなる――高城家の「病」を発病した高城一砂に姉・千砂は自らの血を与え、二人きりで暮らし始める。体調不良が続く千砂は一砂を拠り所とし、一砂は千砂の側にいることを誓う。
「吸血鬼」のように他人の血が欲しくなる――高城家の「病」を発病した高城一砂に姉・千砂は自らの血を与え、二人きりで暮らし始める。やがて、千砂は、母の死にまつわる隠された真実を思い出す。ますます弱っていく千砂を見守る一砂は……。