一番下のコメントへ

アイアムアヒーロー』『ボーイズ・オン・ザ・ラン』が有名な花沢健吾だが、個人的には『ルサンチマン』が一番読むべき名作だと思っている。

2015年、町の印刷工場で働く主人公・拓郎、30歳が目前に迫りくるブサイクで、デブで、ハゲで、金もなく、童貞で・・と挙げればキリが無い情けないダメ男。誕生日についに現実の女を捨てVRギャルゲーに走るが、偶然にも手に取ったソフトは存在することすら怪しかった知る人ぞ知る都市伝説級のものだった・・。

実際に第一巻の発売が2004年で、約10年後の未来の姿として2015年を描いている今作。
現実の僕たちからしたら三年も前だがこれがなかなかにちょうどいい近未来感でたまらない。
過去に描かれた未来像って大好きなんですよね。
映画だと「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「her 世界でひとつの彼女」だったり漫画だと「ドラえもん」や「ぼくらのよあけ」だったり身近な部分を描く近未来SFものはだいたい好き。
あの未来に追いついた、追いつきたい、みたいな。

2004年当時はVRなんて想像だにしていなかったものが描かれているし、ゲームに合わせて全身で体感せきるようなボディスーツや、それに連動した電動のTENGAのようなものも出てきてワクワクするガジェット感!
今読めば普通にあるよねって感じだけどそれでもそこを描いた漫画はまだあまりないはず。

打ち切りだったこともあるだろうけど、壮大な内容ながら全4巻にぎゅっと詰まってるし、現実と仮想現実の対比、ゲームの中に引きこもる社会問題、恋愛模様などなどいろんな側面を描いている。

最終話も読者が好きなところをくすぐってくるけど、何もない、というのが最高。
現実、何かありそうで無いのがたまらなく現実でいいのだ。

俺も花沢健吾で一番好きです!
長さ的に映画化したらちょうどいいんじゃないかと思っていて映画化を切に願ってます。ないだろうけど。
いいですよね〜語彙力ないけど、漫画のキャラって綺麗な理想形が多い中で妙にリアルというか人間くさいというか。他の作品もだいたいそうですけどそこがこの作者好きです。
ども。通りすがりでした。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー