icon_reread
また読みたい
フォロー
アイアムアヒーロー(1)
鈴木英雄。35歳。漫画家のアシスタント生活。妄想の中でしか現実に勝てず、そんな自分に付き合ってくれる彼女との仲にも、不安と不満が募る。だがある日、現実の世界が壊れ、姿を変えていき…!?異才・花沢健吾による極私的サバイバルパニックホラー!!
アイアムアヒーロー(2)
音信不通だった恋人・てっこからの「大好きです」という仲直りのメールに一安心した英雄は、翌朝さっそく彼女のアパートを訪ねる。まだ寝ている様子のてっこにドア越しで呼びかけると、彼女は起き上がりこちらに向かってきた。だが、彼女の様子がおかしくて…!?
アイアムアヒーロー(3)
混乱…狂騒…紛糾…崩れ落ちる日常!パニックの首都圏を命からがら逃れた英雄が辿り着いたのは、富士の麓の地下道だった――!!体温と動悸が平静を取り戻すと同時に、英雄は圧倒的「孤独」と出会う。そのとき、男はヒーローになれるのか…!?
アイアムアヒーロー(4)
逃走の末、辿り着いた富士の樹海で英雄が出会ったのは、制服の女子高生・比呂美だった。安住の地も、絶望する暇もなき世界で、2人を次々と「感染者」たちが襲う!!傍らには散弾銃。英雄は「かつて人間だったもの」に対し、その引き金を引けるのか――!?
アイアムアヒーロー(5)
「多臓器不全及び反社会性人格障害」。政府によりそう定義された「奴ら」が跋扈する中、それに現実感を抱けず右往左往する人間たち…。そんな状況の中、いよいよ樹海から抜け出した英雄と比呂美は、感染のパニックに陥る群衆の中へ!!
アイアムアヒーロー(6)
あれから幾日経ったのか…感染したと覚しき女子高生・比呂美の容態が遂に明らかに!!ZQNと呼ばれる感染者たちが溢れる路上で、同行のカメラマン・荒木とともにアウトレットモールへ向かうことになった英雄の採る行動とは!?そして、生き残った人間たちの狂気も露わになっていく……複雑に絡み合うパワーバランスが崩れる時、生殺与奪の権を握るのは誰だ――!?
アイアムアヒーロー(7)
比呂美が人類を救う希望になるかもしれない――逃げ込んだアウトレットモールの屋上で出会った謎の女性・藪の提言。戸惑いながらも、英雄は藪と絆を深め、共闘することに。しかし屋上のテント村では、反逆者を殺害する独裁政治が敷かれていた…狂気を孕んだ比呂美、銃を携える英雄、不敵な集団の支配者、眼下に群がる感染者たち……奇妙な力関係の中、生殺与奪の権を握るのは、誰だ―――!?
アイアムアヒーロー(8)
食糧品奪取のため、アウトレットモールのフードコートへ潜入した英雄たち。袋のねずみとなった彼らに、次々ZQNが襲い来る!!一方、負傷した比呂美を背負った藪もまた、死の要塞から脱出をはかるが…!?善人も悪人も、喰われたらそこで終わり…緊迫の脱出劇が繰り広げられる中、彼らの生きる意志が試される時。遂に覚悟の銃声が響きわたる―――!!!
アイアムアヒーロー(9)
アウトレットモールを命からがら抜け出した英雄・藪・比呂美…希望の灯である比呂美の命を絶やさぬよう、病院を探す一同に、次々と試練が訪れる…頼るあてなき今、彼らに手を差し伸べる神はまだ存命するのか――!?一方、英雄の担当編集者は「その時」を台湾で迎えようとしていた。近隣諸国にも…崩壊は迫っている。――誰もが暗闇の中にいる。培ってきた経験則も役に立たぬ中、光を見つめ続ける強さだけが試される!!
アイアムアヒーロー(10)
生きるため。生きるため。生きるため。何故、人は生きる――?アウトレットモールから脱出後の英雄と藪。迷いを抱えながら東京方面へ前進する彼らの背後で、遂に比呂美が覚醒――!!彼女を脅かすのは、頭に刺さった釘……極限の状況下で、英雄たちが取る行動とは!?……そして物語は新たな幕を開ける……引きこもり。社会不適合者。ワケありの生き残り。Youtube上のカリスマ・来栖の元へ、人々が集い来る――新しい日常へ。新しい価値観へ。今、異界への扉が開かれる……激震の第10集、遂に発売!!