【お知らせ】
現在、サイト内での画像表示に不具合が発生しています。復旧までしばらくお待ちください。

優等生にも極悪人にもなれない。敗北や挫折も味わった。
硬派を気取ってメインストリートを我が物顔で
歩くほどにも突っ張れなかった。
イケテないチームに入って、くすぶっていた。
ただ触れるもの皆、殴り倒していた。
猿山のボスになって、勘違いしていた。

そんな男達の前に大鳥大悟が現われて変化が起きた。

やっぱり、本物の男になってみたい。
本物の男になろうとあがけるだけあがきたい。
路地裏でもいいから自分達の旗を掲げて進んで生きたい。
そして自分がダメだったとしても、
その背中を仲間や後輩に示したい。
そんな男達のチョットだけ古い時代のストーリー。

吉田聡先生の「荒くれKnight」のスピンオフ作品。
荒くれKnightで主人公達が活躍するチーム
「輪蛇(リンダ)」
そして輪蛇に対抗しうるライバルチーム
「COBRA(コブラ)」
両チームの誕生からの遍歴について、
COBRAの実質的なリーダーとなった大鳥大悟を
中心にして、現在の話と回想を交えながら物語が進む。
吉田先生らしい少しセツナイ悪ガキの物語。

ツッコミや茶化しを入れようと思えば随分と入れられる。
チームってそんなたいそうなもんか、とか。
不良チームったって、そんなに戦争ばっかりしないだろ、とか。
命までヤリトリするわけでもないだろ、とか。
けれど重箱の隅をつつくよりも
大鳥大悟やCOBRAや輪蛇の面々が
これでもかと詰まった重箱弁当を、
ひたすらガツガツと喰って味わいたくなる漫画。

第三巻くらいから話の流れがすこし変わる。
へっぽこ集団だったCOBRAが少数精鋭になり、
一流チームへと歩み出すようになる。
吉田先生ってどうも、描いているうちにキャラに
対する思い入れが強くなる人のように思う。
最初はいかにも脇役、憎まれ役、ザコキャラだった
登場人物が、だんだんと実力もあり思考が深い
重要キャラになっていくパターンが多いように思う。
恐らく、大鳥大悟も他のCOBRAメンバーも、
連載開始時の想定よりも先生の思い入れがドンドン
深くなっていってストーリーも結構変更が
あったんじゃないかなあ、と思う。
作品としてはそれで面白くなっていると思うが。

ただしネギ先輩に付いては、
後付で急に大人物にされた感じで違和感を感じた。

不良少年達の抗争物って漫画は多いけれど、
物語として
「死人を出す」
というラインを超えるか超えないかっていう制約というか
ハードルがあると思う。
喧嘩ぐらいならともかく、さすがに殺人を出すと、
物語りが殺伐としてしまうし、
一歩間違えると殺人賛美・肯定になって
漫画自体が社会から叩かれかねない。
とはいえ「最大最悪の抗争」みたいなものを描こうと
するなら究極は死人が出ないとおかしい、ってなりかねない。
その辺をどう処理して読者に納得させるかってのも
作品の面白さであり作者の力量ではないかと思う。
吉田先生はそのあたりを上手く浪漫的にまとめていると思う。

荒くれKNIGHT(全28巻)
荒くれKNIGHT高校爆走編(全11巻)
があり、どちらも輪蛇の三代目リーダー
善波七五十が主人公で、善波をしたう春間勇樹が
主要キャラ。
この2作は時間の流れとしては
荒くれKnight→高校爆走編の形で
まとめて一つの作品と言っていいとも思います。
黒い残響完結編は春間がいよいよ輪蛇の四代目を次ぐ
準備に入った時期に、これからの若い世代が
かつての輪蛇二代目時代のことや
輪蛇二代目と張り合ったライバルチームCOBRAのことを
回想譚として聞く、という内容です。
いってみれば黒い残響完結編は、荒くれKnight2作の
プロローグとエピローグを同時語りするような話です。
だから荒くれを読んで、次に荒くれ高校爆走編を読んでから
残響編を読んだほうが話は理解しやすいし楽しめるとは思います。
なのでお勧めは他2作の荒くれ読後に黒い残響を
読まれるパターンですが、
善波が輪蛇三代目で春間が四代目になるんだろうな、
ということ、輪蛇のライバルチームにCOBRAがあって
伊武がリーダーで率いているチームだということ、
そのくらい理解しているのであれば
そこから黒い残響完結編をよんでも、ほぼ話の流れは判る
と思うし充分に楽しめるとも思います。

荒くれKNIGHT(全28巻) 荒くれKNIGHT高校爆走編(全11巻) があり、どちらも輪蛇の三代目リーダー 善波七五十が主人公で、善波をしたう春間勇樹が 主要キャラ。 この2作は時間の流れとしては 荒くれKnight→高校爆走編の形で まとめて一つの作品と言っていいとも思います。 黒い残響完結編は春間がいよいよ輪蛇の四代目を次ぐ 準備に入った時期に、これからの若い世代が かつての輪蛇二代目時代のことや 輪蛇二代目と張り合ったライバルチームCOBRAのことを 回想譚として聞く、という内容です。 いってみれば黒い残響完結編は、荒くれKnight2作の プロローグとエピローグを同時語りするような話です。 だから荒くれを読んで、次に荒くれ高校爆走編を読んでから 残響編を読んだほうが話は理解しやすいし楽しめるとは思います。 なのでお勧めは他2作の荒くれ読後に黒い残響を 読まれるパターンですが、 善波が輪蛇三代目で春間が四代目になるんだろうな、 ということ、輪蛇のライバルチームにCOBRAがあって 伊武がリーダーで率いているチームだということ、 そのくらい理解しているのであれば そこから黒い残響完結編をよんでも、ほぼ話の流れは判る と思うし充分に楽しめるとも思います。

荒くれKNIGHT(全28巻) 荒くれKNIGHT高校爆走編(全11巻) があり、どちらも輪蛇の三代目リーダー 善波七五十が主人公で、善波をしたう春間勇樹が 主要キャラ。 この2作は時間の流れとしては 荒くれKnight→高校爆走編の形で まとめて一つの作品と言っていいとも思います。 黒い残響完結編は春間がいよいよ輪蛇の四代目を次ぐ 準備に入った時期に、これからの若い世代が かつての輪蛇二代目時代のことや 輪蛇二代目と張り合ったライバルチームCOBRAのことを 回想譚として聞く、という内容です。 いってみれば黒い残響完結編は、荒くれKnight2作の プロローグとエピローグを同時語りするような話です。 だから荒くれを読んで、次に荒くれ高校爆走編を読んでから 残響編を読んだほうが話は理解しやすいし楽しめるとは思います。 なのでお勧めは他2作の荒くれ読後に黒い残響を 読まれるパターンですが、 善波が輪蛇三代目で春間が四代目になるんだろうな、 ということ、輪蛇のライバルチームにCOBRAがあって 伊武がリーダーで率いているチームだということ、 そのくらい理解しているのであれば そこから黒い残響完結編をよんでも、ほぼ話の流れは判る と思うし充分に楽しめるとも思います。

@名無し

ありがとうございます!!
思ったより巻数がありますね...

喧嘩であれスポーツであれ、格闘が絡む漫画は
強さのインフレ現象が起こりやすいと思う。
ハイレベルで強い主人公とライバルが激突し、
主人公が僅かの差で勝利する。
場合によっては敗れたライバルは
主人公の軍門に下ったりダチになる。
次に新ライバルが現れ、あれほど強かった旧ライバルを
圧倒的な力量の差で葬り去る。
その新ライバルに主人公がまた辛勝し・・・

黒い残響完結編も一部はそういう部分を含むが、
大鳥大悟とライバル木原の実力差、
赤蛇、青蛇、四天王それぞれの力と格。
輪蛇やCOBRAの面々のキャラや強さの質。

それらの設定が絶妙だったという感じがする。

基本的には大鳥大悟は超絶的に強いのだが、
過去の無理や悪行が祟って、体は壊れていき、
強さを失い気味になっていく。
だがそこに、だからこそそこに
強いということの意味が問われて行く。
大鳥にもライバル木原にも。
チームリーダーとしての強さが問われ、
大鳥や木原を支えるメンバーにも問われて行く。
リーダーが強いから従うのか
リーダーが強いだけだから従うのか。

大鳥と、四天王や青蛇との対戦や、
終盤での木原との対戦は、
色々な角度からのチームの意味や強さを
考えさせられるものがある。
所詮は青春時代にイキガッている若者の
熱病的な一瞬の熱さのイマドキはやらない物語
なのかもしれないが。
だからこそ𠮷田聡先生も、
少しだけ昔の時代の話として描いたのかも知れない。

第三巻くらいから話の流れがすこし変わる。 へっぽこ集団だったCOBRAが少数精鋭になり、 一流チームへと歩み出すようになる。 吉田先生ってどうも、描いているうちにキャラに 対する思い入れが強くなる人のように思う。 最初はいかにも脇役、憎まれ役、ザコキャラだった 登場人物が、だんだんと実力もあり思考が深い 重要キャラになっていくパターンが多いように思う。 恐らく、大鳥大悟も他のCOBRAメンバーも、 連載開始時の想定よりも先生の思い入れがドンドン 深くなっていってストーリーも結構変更が あったんじゃないかなあ、と思う。 作品としてはそれで面白くなっていると思うが。 ただしネギ先輩に付いては、 後付で急に大人物にされた感じで違和感を感じた。

第三巻くらいから話の流れがすこし変わる。 へっぽこ集団だったCOBRAが少数精鋭になり、 一流チームへと歩み出すようになる。 吉田先生ってどうも、描いているうちにキャラに 対する思い入れが強くなる人のように思う。 最初はいかにも脇役、憎まれ役、ザコキャラだった 登場人物が、だんだんと実力もあり思考が深い 重要キャラになっていくパターンが多いように思う。 恐らく、大鳥大悟も他のCOBRAメンバーも、 連載開始時の想定よりも先生の思い入れがドンドン 深くなっていってストーリーも結構変更が あったんじゃないかなあ、と思う。 作品としてはそれで面白くなっていると思うが。 ただしネギ先輩に付いては、 後付で急に大人物にされた感じで違和感を感じた。

@名無し

村雨もLINDAに入ったみたいだし(今、Wikipediaで知った。)また、買って読みたいと思います。

路地裏でもいい、一度だけでもいい。チームの看板を背負って、胸を張って肩で風きって歩きたい。にコメントする
『荒くれKNIGHT 黒い残響完結編』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ一覧をみる

このクチコミも読まれています

まだ少年と呼ばれる頃に、何も知らずにこの作品を買って読みました。マセガギと言われても仕方ないし、母親にこっぴどく叱られたこともあります(それでも捨てられたりはしなかったんで良い親だと思います) 恋愛が甘い物である、ということは流石に否定出来ません。ただ、二人が一つ屋根に暮らすということは、終わらない「日常」に暮らすということでもあります。そこは決して天国ではないし、息が詰まるようなこともある。 それが「愛」という感情によって始まることだと、この作品はかつての少年に見せてくれました。恋人は決して美しいだけの存在ではない。自分と同じように肉体を持った存在であり、そのことで苦しめられることもあるんだと、異性のことを何も知らなかった頃に学んだものでした。 バブルの頃、恐らくこの作品のような生き方は現実感を失っていたのではないかと思います。今の時代にはどうでしょう。若者が貧しくなっている現実もありますが、こんな関係からは恐らく逃避するんじゃないかとも思います。ただ、作中に登場する人達は、自分自身を取り巻く日常に対して必死で生きています。誰に笑われても構わない。唯一人のために生きているという現実は、自分のためだけに生きている人間には、まっすぐで美しいものに映ります。 この時期スローニンやDADAを描いていた吉田聡先生にとって、明らかに異なる作品であり、ある年代にとっては忘れられない作品だと思っています。
純(ジューン)ブライド
user_private
名無し
𠮷田聡先生の作品はどれも好きだが、 なんだか連載が進行するうちに漫画のテーマや 登場人物のキャラが変わっていく作品が 多いようにも思う。 湘南爆走族も当初の雰囲気と中盤以後では大分変わる。 荒くれKNIGHTも細かく何々編、と変わって行った。 いい意味で、登場人物達のキャラが変わっていく感じを受ける。 結果的?に、それらはいずれも面白い漫画になるのだが。 ただの脇役と思っていたキャラの、 その後の味の深まりがかなり強かったりするので。 𠮷田聡先生自身がキャラに愛着がわいていき思い入れが増し、 結果、キャラ変更を活かす形で より良い作品になっていくという印象がある。 言い方をかえて表現するなら、 連載開始時点で完成されたキャラを描く先生ではなく、 暖気運転とか熟成期間を置いて キャラ変更路線変更ありきで面白い漫画を作る先生なのかも。 「走れ!!天馬」は、主人公も脇キャラも、 読者の共感を得る前の段階でアクセルを吹かしまくって 飛ばしすぎてしまった感じがする。 ちょっと、読んでいてついていくのが辛い感じがあった。 勝手な想像だが、当初はハイスピードな展開にして、 後半に流れを変化させること自体は、 連載前からほぼ構想していたことかと思う。 だが、読者がついてこれなかったので、 途中でのキャラが肉厚になって行って 読者も引き込まれていくという段階に 時間をかけてジックリと移行する展開に 繋げられなかったという感じがする。 梃入れを急いでしまった感じというか。 第2巻の後半くらいから、各キャラも話の内容も いい感じに動き始めるのだが、 出来ればそのへんはもう少しジックリと話を 展開して欲しかった。 キャラの変化が自分には少し急に感じられた。 当初の展開に比べると逆走感というか、 あれ急にキャラ変わったな、どうしたの、 という感じに戸惑ってしまった。 ラスト2巻あたりは、天馬も斉藤主将も他のキャラも かなりいい感じになる。 自分としてはそういった天馬や斉藤主将の変化は 読んでいて凄く良いなと思ったし、 そう思えたことでこの作品は良い作品だと思った。 だが、当初の展開から逆走気味にキャラや話が 変換するギャップは、読者万人が 良かったと思う流れではないようにも感じる。 自分としては第4巻とかの斉藤主将とかは 𠮷田聡先生の漫画のキャラらしい、その中でもとくに 物凄く良くて応援したくなるキャラになるので、 読んでよかったと思った漫画だ。
𠮷田聡先生の作...
また読みたい
フォロー