昭和を舞台に、銀幕のスターに憧れる少女の物語

一番下のコメントへ
1/2ページ
<< 最新
<
1/2ページ
>
最初 >>

永遠のライバル(?)月子嬢乱入により発生したオーディションスタート。女優の卵たちがライバル意識むき出しで争う中、マイペースで頑張りやさんなヒロインがとても可愛い。次回才能キラキラシーンが見られそうなので楽しみ。

天良さんはなぜ小夜子に手を出さないんだろう。
そのせいで、月子ルートが発生してしまった感。
そして突然の暴れ馬は誰を襲うのか……。

暴れ馬ルートからの戦争本格化という、なんとも陰鬱な展開になってきた。
昭和とつく以上避けられないことなんだろうけど、この作品(というか主人公の明るさ)とは妙にそぐわないなぁ。

戦争と、父親探しという2つのテーマのせいで重苦しい展開が続く。
天良とイチャつくシーンが救いなのだが、やや浅海ルートに入りかけてる感が……。

とても優しい世界。
ちょっと物足りなさもあるけれどいい話。
しかし最後のコマからすると、どーも浅海ルート確定っぽい。

突然の悲劇にちょっと頭が追いつかない……。
なんというか、もうちょいゆっくりでいいというか、わかりやすい伏線が欲しいというか……。

今回で浅海ママンのこと好きになってしまった。
しかし戦争開始か……主要キャラの誰かに死亡フラグが立つと思うといたたまれない。

完全にクライマックス感。
タイプの違う2人のイケメンにプロポーズされた上、2人とも死亡フラグが立っているという状況がすごくドラマチックというか、やはりしんりしんどい。

やはり浅海ルート確定か。呪いの力恐るべし。
振られた天良は月子ちゃんが拾えば問題ないし。
とにかく死亡フラグさえ折れればなんでもいいです!

花岡さぁぁぁーーーん!!!
さすがに少女漫画なのでこの程度の描写だけど、内容的には重過ぎる。
いいお姉さんキャラだったのに……。

花岡さんの母性愛に泣かされた……。
月子たんもようやくはじめの一歩一歩前に踏み出して一安心。
あとはイケメンヒーロー2人が無事(ぎりぎり)生き延びてハッピーエンドじゃー!

すぐ傍で人が死んでても、なぜか臨場感がない。
再会もあっさりというか唐突だし、もう少し生き別れ感みたいな盛り上がりが欲しかった。

ああ、やっぱり浅海はそうなるか……。
番外編の流れからいくと、また高良が戻ってくるかな?
でも月子にも幸せになってほしいし、着地点が難しい。

お母さんが寄り添ってくれるのは当然として、月子が優しくてびっくりした。
次回最終話。
あまり辛かったり、盛り上がった感じはしないけれど、ほんわかした作風だからしょうがないのかも。

最後、天良が戻ってきてどうなるのかは気になる。
パパになってくれるのか、もしくは月子とくっつくのか。
月子は米兵さんとの方が相性良さそうな気がする。

1/2ページ
<< 最新
<
1/2ページ
>
最初 >>
コメントする
reread
また読みたい
フォロー

このクチコミをフォローしているユーザー

banner