reread
また読みたい
フォロー
昭和初期、少女・小夜子は天性の歌声で人々を魅了する。自分の存在を「あの人」に知ってもらうため、いつかトーキー映画で歌いたいと願う。そんな少女に出会ったピアノの神童・浅海は小夜子の歌を「ヘタだ」と切り捨てて!? 少女の夢と恋が煌めく、歌姫誕生物語、開幕!!
昭和初期、天性の歌声をもつ小夜子は、いつかトーキーで歌う女優になりたいと夢を抱く。その歌声に才能を感じたピアニストの浅海は小夜子にオーディションを提案。意気揚々と会場を訪れた小夜子だったが、そこで聴いた少女・月子の歌声に圧倒される。二人の天才少女が出会い運命が動き出す、待望の2巻!
天性の歌声を武器に、銀幕のスタァを目指す小夜子。彼女が追いかけるのは、昔ライバルだった天才少女・月子だった。美しく成長した小夜子は映画出演のチャンスを得るが、主演の二枚目俳優に目をつけられて!?
天性の歌声を武器に映画スタァを目指す小夜子。ある日、天良という青年と出会い二人の距離は近づいていく。瞬く間に映画界のスタァとなった天良。そんな彼を追いかける小夜子だが、昔ライバルだった天才少女・月子が東京の撮影所に移籍してくる。小夜子が端役で出演予定の映画に主演として現れた月子。そして、月子の一言で配役を決め直すオーディションが開催されることになり!?
天性の歌声を武器に映画スタァを目指す小夜子。怪我を負った月子の代役で主演となり、トップスタァへとのぼっていく。そんな折、月子から「天良がほしい」と言われ驚く小夜子。月子と天良の関係が気になるが、親友浅海との間も拗れていて小夜子の悩みは深かった。そんな折、本当の父と母の情報を聞き、動揺から浅海を訪ねてしまい!?
天性の歌声でトップスタァとなっていく小夜子。だが、戦争の激化が小夜子たちの運命を大きく変えていく。天良、浅海も戦地へと徴集され、小夜子の不安はつのっていく。二人から愛を告白された小夜子は、自分の本当の気持ちを確かめるため戦地で歌う慰問団に参加し、彼を捜そうとするが!?
互いの想いを確認しあった小夜子と浅海は、外地で会える最後の夜を共にする。先に日本に帰国した小夜子だったが、次々に降りかかる悲しみを受け身体に異変がーー!? どんな苦境にあっても立ち上がり歌う、小夜子の歌姫物語、いよいよ完結!!